スマートフォン版はこちら

新型デュラエースDi2も対応キャノンデールカスタムラボに新色7色追加、ロゴ入りバーテープも選択可能に

  • 一覧
アシッドグリーン・グロス単色の場合のデザイン ©Cannondale アシッドグリーン・グロス単色の場合のデザイン ©Cannondale

 キャノンデール・ ジャパンが 昨年サービスを開始した「キャノンデールカスタムラボ」に、新たに7色を追加した。これに合わせて、キャノンデールロゴ入りのバーテープも追加され、オプションの幅が拡大。コンポーネントでは、新型デュラエース Di2 が選択可能になった。ベースとなるフレームはこれまで同様、フラッグシップのカーボンロードバイク SUPERSIX EVO Hi-MOD となる。

カスタムラボで新たに追加になった7色。左からアシッドグリーン・グロス、アシッドレッド・グロス、アシッドレッド・マット、アトモスファーブルー・グロス、アトモスファーブルー・マット、バルカングリーン・グロス、バルカングリーン・マット ◎CANNONDALEカスタムラボで新たに追加になった7色。左からアシッドグリーン・グロス、アシッドレッド・グロス、アシッドレッド・マット、アトモスファーブルー・グロス、アトモスファーブルー・マット、バルカングリーン・グロス、バルカングリーン・マット ◎CANNONDALE
ロゴ入りバーテープも追加になった ©Cannondaleロゴ入りバーテープも追加になった ©Cannondale

 同ラボは2016年2月にサービス開始。これまでもユーザーが選択できる色は全20色と多かったが、さらに7色が追加となった。緑系の3色、赤系2色、水色系2色だ。また全9色のキャノンデールロゴ入りバーテープが新たに追加。オーダーの選択肢がさらに増えて、頭を悩ませそうだ。

アシッドレッド・マットを取り入れたデザイン ©Cannondaleアシッドレッド・マットを取り入れたデザイン ©Cannondale
アシッドレッド・グロスを取り入れた場合のデザイン ©Cannondaleアシッドレッド・グロスを取り入れた場合のデザイン ©Cannondale
バルカングリーン・グロスを取り入れたデザイン ©Cannondaleバルカングリーン・グロスを取り入れたデザイン ©Cannondale
バルカングリーン・マットを取り入れたデザイン ©Cannondaleバルカングリーン・マットを取り入れたデザイン ©Cannondale
アトモスファーブルー・グロスを取り入れたデザイン ©Cannondaleアトモスファーブルー・グロスを取り入れたデザイン ©Cannondale
アトモスファーブルー・マットを取り入れたデザイン ©Cannondaleアトモスファーブルー・マットを取り入れたデザイン ©Cannondale

関連記事

この記事のタグ

キャノンデール 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載