梶原悠未は女子個人追抜で銀メダルエリート男子ポイントレースで倉林巧和が金メダル アジア選手権トラック3日目

  • 一覧

 インド・ニューデリーで開催されている自転車トラックレースのアジア選手権は2月8日、大会3日目のエリート男子ポイントレースで倉林巧和(日本体育大学)が金メダルを獲得した。日本のメダル獲得数は金5、銀3、銅8個の16個で、金メダルの数とメダル総数ともに、韓国に次ぐ2位となっている。

エリート男子ポイントレースで金メダルを獲得した倉林巧和(日本体育大学) Photo: Kenji NAKAMURA / JCFエリート男子ポイントレースで金メダルを獲得した倉林巧和(日本体育大学) Photo: Kenji NAKAMURA / JCF

 この日は男子ポイントレース、女子個人パーシュート、男子1kmタイムトライアル、エリート男子オムニアムの決勝が行われた。

 エリート男子ポイントレースに出場した倉林は、レース前半からポイントを重ね、さらに1周ラップポイントの20点も獲得。ポイント数が拮抗したレースは、倍のポイントが付くゴールスプリントまで予断を許さない展開となったが、倉林は「途中自分のポイントが良く把握できていなかったので、とにかくフィニッシュで上位通過しようと努力した」と2番手でフィニッシュ。2位とわずか2点差で金メダルを勝ち取った。

エリート男子ポイントレース、倉林巧和(中央)が金メダルを獲得。アジアチャンピオンジャージに袖を通した Photo: Kenji NAKAMURA / JCFエリート男子ポイントレース、倉林巧和(中央)が金メダルを獲得。アジアチャンピオンジャージに袖を通した Photo: Kenji NAKAMURA / JCF
エリート女子3km個人パーシュートで3位になった梶原悠未 Photo: Kenji NAKAMURA / JCFエリート女子3km個人パーシュートで3位になった梶原悠未 Photo: Kenji NAKAMURA / JCF

 このほか日本勢では梶原悠未(筑波大学)がエリート女子3km個人パーシュートで銀、松井優佳(鹿児島・南大隅高校)がジュニア女子2km個人パーシュート、山根慶太(倉吉西高校)がジュニア男子1kmタイムトライアルで銅メダルを獲得した。

 大会4日目となる2月9日は、女子スクラッチ、男子個人パーシュート、女子スプリント、エリート女子オムニアムの決勝が行われる。

梶原悠未(左)がエリート女子3km個人パーシュートで銀メダル Photo: Kenji NAKAMURA / JCF梶原悠未(左)がエリート女子3km個人パーシュートで銀メダル Photo: Kenji NAKAMURA / JCF
ジュニア女子2km個人パーシュートで銅メダルを獲得した松井優佳(右) Photo: Kenji NAKAMURA / JCFジュニア女子2km個人パーシュートで銅メダルを獲得した松井優佳(右) Photo: Kenji NAKAMURA / JCF
山根慶太がジュニア男子1kmタイムトライアルで銅メダル獲得 Photo: Kenji NAKAMURA / JCF山根慶太がジュニア男子1kmタイムトライアルで銅メダル獲得 Photo: Kenji NAKAMURA / JCF

ジュニア男子ポイントレース決勝(15km)
1位 KIM Euro(韓国) 19p
2位 HUANG Chien Chang(台湾) 10p
3位 CHAIYASOMBAT(タイ)nakhan(タイ) 8p
4位 佐藤健(熊本・九州学院高校)7p

エリート男子ポイントレース決勝(30km)
1位 倉林巧和(群馬・日本体育大学)48p
2位 CHEN Chien Chou(台湾) 46p
3位 MIRZA ALHAMMADI Yousif(UAE) 44p

ジュニア女子2km個人パーシュート
1位 KIM Hyesu(韓国) 2:28.890
2位 BATRIYA Chaniporn(タイ) 2:36.500
3位 松井優佳(鹿児島・南大隅高校)2:36.624

エリート女子3km個人パーシュート
1位 LEE Jumi(韓国) 3:41.338
2位 梶原悠未(埼玉・筑波大学)3:42.103
3位 HUANG DONG Yan(中国) 3:43.586

ジュニア男子1kmタイムトライアル
1位 PARK Hyunoh(韓国) 1:05.207
2位 ZENG Jhih Hong(台湾) 1:06.322
3位 山根慶太(鳥取・倉吉西高校)1:06.786

エリート男子1kmタイムトライアル
1位 DANESHVAR KHORRAM Mohammad(イラン) 1:03.129
2位 HSIAO Shih Hsin(台湾) 1:03.651
3位 NA Junggyu(韓国) 1:03.669
4位 一丸尚伍(大分・ブリヂストンアンカー)1:04.180

エリート男子オムニアム最終結果
1位 MIRALIYEV Sultanmurat(カザフスタン) 132p
2位 LEUNG Chun Wing(香港) 129p
3位 KIM Okcheol(韓国) 120P
4位 小林泰正(群馬・日本体育大学)118P

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2017アジア選手権 トラックレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載