男子ジュニアでも梶原海斗が金メダルケイリン男子エリートで脇本雄太、渡邉一成が金・銀 アジア選手権トラック2日目

  • 一覧

 インド・ニューデリーで開催されている自転車トラックレースのアジア選手権は2月7日、大会2日目のケイリン競技で、日本男子がエリート、ジュニアともに金メダルを獲得した。エリート男子は脇本雄太(JPCU福井)が金、渡邉一成(JPCU福島)が銀メダルを取る圧勝。ジュニア男子では梶原海斗(祐誠高校)が、前日のジュニア男子チームスプリントに続き、2日連続の金メダルとなった。

エリート男子ケイリンで金メダルの脇本雄太(右)と銀メダルの渡邉一成(左)。中央はブノア・ヴェトゥ短距離ヘッドコーチ Photo: Kenji NAKAMURA / JCFエリート男子ケイリンで金メダルの脇本雄太(右)と銀メダルの渡邉一成(左)。中央はブノア・ヴェトゥ短距離ヘッドコーチ Photo: Kenji NAKAMURA / JCF
エリート男子ケイリン決勝で脇本雄太(先頭)と渡邉一成が金・銀メダル Photo: Kenji NAKAMURA / JCFエリート男子ケイリン決勝で脇本雄太(先頭)と渡邉一成が金・銀メダル Photo: Kenji NAKAMURA / JCF

 このほか日本勢は、ジュニア女子チームパーシュートで銀メダル、ジュニア、エリート男子のチームパーシュートで銅メダルを、それぞれ獲得した。これまでの日本のメダル獲得数は、金が4、銀が2、銅が6の合計12個。金メダルの数では5個の中国に、メダル総数では13個の韓国に続き、ともに2位に付けている。

 大会3日目の2月8日は、エリート男子のオムニアムや、男子のエリート、ジュニアの1kmタイムトライアル、女子のエリート、ジュニアのインディヴィデュアルパーシュート、エリート男子ポイントレースが決勝まで行われる。

ジュニア男子ケイリンで金メダルの梶原海斗(中央) Photo: Kenji NAKAMURA / JCFジュニア男子ケイリンで金メダルの梶原海斗(中央) Photo: Kenji NAKAMURA / JCF
ジュニア女子チームパーシュートで銀メダルを獲得した日本チーム。(左から)細谷夢菜、松本詩乃、山口伊吹、松井優佳 Photo: Kenji NAKAMURA / JCFジュニア女子チームパーシュートで銀メダルを獲得した日本チーム。(左から)細谷夢菜、松本詩乃、山口伊吹、松井優佳 Photo: Kenji NAKAMURA / JCF

ジュニア男子スクラッチ決勝(10km)
1位 BAGHERPOUR Kasra(イラン)
2位 CHI SON Ieong(マカオ)
3位 KIM Euro(韓国)
9位 清水大樹(神奈川・横浜高校)

エリート男子スクラッチ決勝(15km)
1位 LEUNG Chun Wing(香港)
2位 RAJABLOU Mohammad(イラン)
3位 GAINEYEV Robert(カザフスタン)
4位 倉林巧和(群馬・日本体育大学)

ジュニア男子ケイリン
1位 梶原海斗(福岡・祐誠高校)
2位 PARK Hyunoh(韓国)
3位 LEUNG Chun Long(香港)
7位 中野慎詞(岩手・紫波総合高校)

エリート男子ケイリン
1位 脇本雄太(JPCA・JPCU福井)
2位 渡邉一成(JPCA・JPCU福島)
3位 SAHROM Muhammad Shah Firdaus(マレーシア)

ジュニア女子500mタイムトライアル
1位 SHEN Chao Yue(中国) 35.291
2位 JEONG Seolhwa(韓国) 36.350
3位 REJI Aleena(インドネシア) 37.439
6位 松本詩乃(東京・昭和第一学園高校)37.894

エリート女子500mタイムトライアル
1位 LEE Wai Sze(香港) 34.204
2位 CHO Sunyoung(韓国) 35.224
3位 LI XUE Mei(中国) 35.271
6位 太田りゆ(静岡・日本競輪学校)36.119

ジュニア女子チームパーシュート
1位 大韓民国 4:42.823
2位 日本(細谷・松本・山口・松井)4:52.022
3位 カザフスタン 追抜勝

エリート女子チームパーシュート
1位 中華人民共和国 4:28.366
2位 ホンコンチャイナ 4:35.270
3位 大韓民国 4:31.159
4位 日本(古山稀絵・中村愛花・中村妃智・梶原悠未)4:32.943

ジュニア男子チームパーシュート 
1位 カザフスタン 4:17.561
2位 大韓民国 4:17.714
3位 日本(中野慎詞・佐藤健・清水大樹・河野翔輝)4:22.003

エリート男子チームパーシュート
1位 中華人民共和国 4:01.043
2位 大韓民国 4:01.835
3位 日本(倉林巧和・近谷涼・新村穣・原田裕成)4:06.536

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2017アジア選手権 トラックレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載