ジュニア男子チームスプリントも日本新で金アジア選手権トラックが開幕 初日は梶原悠未が女子ポイントレースで金メダル

  • 一覧

 インド・ニューデリーで2月6日から10日まで行われる「第37回アジア自転車競技選手権大会トラックレース/第24回アジアジュニア自転車競技選手権大会トラックレース」の大会初日、日本チームはエリート女子ポイントレースの梶原悠未(筑波大学)をはじめ、2つの金メダルと4つの銅メダルを獲得した。

梶原悠未(中央)がエリート女子ポイントレースで金メダルを獲得 Photo: Kenji NAKAMURA / JCF梶原悠未(中央)がエリート女子ポイントレースで金メダルを獲得 Photo: Kenji NAKAMURA / JCF
エリート女子ポイントレースで金メダルの梶原悠未(中央) Photo: Kenji NAKAMURA / JCFエリート女子ポイントレースで金メダルの梶原悠未(中央) Photo: Kenji NAKAMURA / JCF

 エリート昇格2年目となる梶原は、昨年大会の女子スクラッチに続き、2年連続のアジア選手権女子エリート金メダルに輝いた。また中野慎詞(紫波総合高校)、山根慶太(倉吉西高校)、梶原海斗(祐誠高校)が出場したジュニア男子チームスプリントでは、46秒936というジュニア日本新記録をたたき出した日本が金メダルを獲得した。

中野慎詞・山根慶太・梶原海斗が走ったジュニア男子チームスプリントは、日本新記録で金メダル Photo: Kenji NAKAMURA / JCF中野慎詞・山根慶太・梶原海斗が走ったジュニア男子チームスプリントは、日本新記録で金メダル Photo: Kenji NAKAMURA / JCF
ジュニア男子チームスプリント表彰。中野慎詞・山根慶太・梶原海斗が表彰台中央でアジアチャンピオンジャージに袖を通す Photo: Kenji NAKAMURA / JCFジュニア男子チームスプリント表彰。中野慎詞・山根慶太・梶原海斗が表彰台中央でアジアチャンピオンジャージに袖を通す Photo: Kenji NAKAMURA / JCF
ジュニア女子ポイントレースで銅メダルの松井優佳(右) Photo: Kenji NAKAMURA / JCFジュニア女子ポイントレースで銅メダルの松井優佳(右) Photo: Kenji NAKAMURA / JCF

 このほかジュニア女子ポイントレースで松井優佳(鹿児島・南大隅高校)、エリート女子チームスプリントで前田佳代乃(京都)と太田りゆ(日本競輪学校)、エリート男子チームスプリントの渡邉一成(JPCU福島)と雨谷一樹(JPCU栃木)と河端朋之(JPCU岡山)、ジュニア女子オムニアムの細谷夢菜(浦和工業高校)が、それぞれ銅メダルを獲得した。

 大会2日目の2月7日は、男子ケイリン、女子500mタイムトライアル、男子スクラッチ、男子と女子のチームパーシュートが、それぞれジュニア、エリートともに決勝まで行われる。

エリート女子チームスプリントで前田佳代乃・太田りゆが銅メダル(右) Photo: Kenji NAKAMURA / JCFエリート女子チームスプリントで前田佳代乃・太田りゆが銅メダル(右) Photo: Kenji NAKAMURA / JCF
エリート男子チームスプリントの表彰 Photo: Kenji NAKAMURA / JCFエリート男子チームスプリントの表彰 Photo: Kenji NAKAMURA / JCF
ジュニア女子オムニアムで銅メダルを獲得した細谷夢菜(右) Photo: Kenji NAKAMURA / JCFジュニア女子オムニアムで銅メダルを獲得した細谷夢菜(右) Photo: Kenji NAKAMURA / JCF

ジュニア女子ポイントレース決勝(10km)
1位 MYRXINA Veronika(カザフスタン)
2位 KOH Haneul(韓国)
3位 松井優佳(鹿児島・南大隅高校)

エリート女子ポイントレース決勝(20km)
1位 梶原悠未(埼玉・筑波大学)
2位 HUANG Li(中国)
3位 KIM Youri(韓国)

ジュニア女子チームスプリント
1位 中華人民共和国 35.819
2位 チャイニーズタイペイ 36.623
3位 インド 36.677
6位 日本(松本詩乃・山口伊吹)38.004

エリート女子チームスプリント
1位 大韓民国
2位 ホンコンチャイナ
3位 日本(前田佳代乃・太田りゆ)

ジュニア男子チームスプリント
1位 日本(中野慎詞・山根慶太・梶原海斗)46.936 ジュニア日本新
2位 大韓民国 47.244
3位 カザフスタン 47.852

エリート男子チームスプリント
1位 中華人民共和国
2位 イラン
3位 日本(渡邉一成・雨谷一樹・河端朋之)

ジュニア女子オムニアム
1位 PACHSHENKO Svetlana(カザフスタン)
2位 KIM Minhwa(韓国)
3位 細谷夢菜(埼玉・浦和工業高校)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2017アジア選手権 トラックレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載