新製品情報キャニオンが完成車4.96kgの超軽量バイク「アルティメットCFエボ」発売

  • 一覧

 ドイツのバイクブランド「CANYON」(キャニオン)が、同ブランド史上最軽量のカーボンロード「Ultimate CF EVO」(アルティメットCF エボ)を発売した。完成車2モデルとフレームセットのラインナップで、軽量化を追及した「アルティメットCF エボ10.0 SL」は完成車平均重量4.96kgを実現している。

キャニオン史上最軽量の「アルティメットCFエボ」が発売 ©Canyon Bicyclesキャニオン史上最軽量の「アルティメットCFエボ」が発売 ©Canyon Bicycles

 キャニオンのエンジニアリングチームは「極限の、理想の性能を持つバイクとは?そして、いかにそのバイクを創り上げるか?」というテーマで、アルティメットCF エボ開発プロジェクトを立ち上げた。

 キャニオンのハイエンドに位置してきた「アルティメットCF SLX」は、優れた重量比剛性、ペダリングパワーの効率的な伝達、空力性能、快適性といった性能をハイレベルで備えたオールラウンドロードバイク。しかし、現行モデルの第4世代のアルティメットCF SLXの開発中、エンジニアたちはさらに一段と高い性能を持つバイクの実現可能性について研究を行った。そして創り上げたのがフレーム平均重量665g、フォーク平均重量270g、そして快適性、耐久性、剛性に一切の妥協のないバイクだ。

キャニオン「アルティメットCF エボ10.0 SL」 ©Canyon Bicyclesキャニオン「アルティメットCF エボ10.0 SL」 ©Canyon Bicycles

 市販モデルとしてキャニオン史上最軽量を達成したのは、特殊なカーボンファイバーを採用できたことが一因となっている。ピッチ系ウルトラ・ハイモジュラスカーボンを使用し、十分な剛性と反応性をより少ない材料で実現した。フレーム、フォークやシートポスト、ステム一体型ハンドルバーは耐久性、安全性に関する厳しい社内テストをクリアしている。

キャニオン「アルティメットCF エボ10.0 LTD」 ©Canyon Bicyclesキャニオン「アルティメットCF エボ10.0 LTD」 ©Canyon Bicycles

 アルティメットCFエボは、2つの完成車仕様とフレームセットで発売される。完成車仕様は、極限の軽量化と妥協のない実用性を両立した完成車平均重量4.96kgのアルティメットCF エボ10.0 SLと、スラムの電動コンポーネント「レッドeTap」を採用した平均重量5.8kgの「アルティメットCF エボ10.0 LTD」の2モデル。フレームセットにはステム一体型ハンドルバー、H36 エアロコックピットCFとS15 VCLS2.0シートポストが付属する。

キャニオン「アルティメットCF エボ10.0」フレームセット ©Canyon Bicyclesキャニオン「アルティメットCF エボ10.0」フレームセット ©Canyon Bicycles
キャニオン「アルティメットCF エボ10.0」フレームセット ©Canyon Bicyclesキャニオン「アルティメットCF エボ10.0」フレームセット ©Canyon Bicycles
キャニオン「アルティメットCF エボ10.0」製品仕様 ©Canyon Bicyclesキャニオン「アルティメットCF エボ10.0」製品仕様 ©Canyon Bicycles

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

50万円以上のロードバイクキャニオン(Canyon)のロードバイクキャニオン(Canyon)のロードバイク|50万円以上

50万円~ キャニオン フレームセット ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載