スマートフォン版はこちら

米CBSが報道、両者は疑惑否定チーム スカイとアームストロング氏らに隠しモーター疑惑 ツール・ド・フランスで

  • 一覧
2015年のツール・ド・フランスで総合優勝したクリストファー・フルーム(中央)とチーム スカイ Photo: Yuzuru SUNADA2015年のツール・ド・フランスで総合優勝したクリストファー・フルーム(中央)とチーム スカイ Photo: Yuzuru SUNADA

 世界最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスで昨年2年連続の総合優勝を飾ったクリストファー・フルーム(英国)が所属するチーム スカイや、7連覇したタイトルをドーピング違反で剥奪されたランス・アームストロング氏(米国)が、隠しモーターを載せた自転車を使用していた疑いがあると米CBSテレビが1月29日に報じた。両者は疑惑を否定した。

←ツール・ド・フランス「隠しモーター」抜き打ち検査(2016年7月13日掲載)

2005年のツール・ド・フランスで7連覇を決めたランス・アームストロング氏(その後タイトルを剥奪) Photo: Yuzuru SUNADA2005年のツール・ド・フランスで7連覇を決めたランス・アームストロング氏(その後タイトルを剥奪) Photo: Yuzuru SUNADA

 番組では過去の優勝者やフランス反ドーピング機関の関係者が違反の可能性を示唆。隠しモーター付きは800グラムほど重くなるとし、2015年大会でチームスカイの自転車だけ約800グラム重かったと指摘する関係者の証言を紹介した。

 昨年の国際自転車連合(UCI)の大会では、ベルギーの女子選手が乗った自転車のペダル付近に小型モーターが隠されていたことが発覚し、初の「機材ドーピング」として波紋が広がった。(共同通信)

「隠しモーター」使用の女子選手に出場停止処分(2016年4月27日掲載)→

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2015 機材ドーピング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載