スマートフォン版はこちら

新製品情報リドレーの軽量モデル「ヘリウムX」とプロ愛用の低価格フレーム「フェニックス」に新色登場

  • 一覧

 バイクブランド「RIDLEY」(リドレー)のカーボンロードバイク「HELIUM(ヘリウム)X」と「FENIX(フェニックス)」に新色が追加される。ヘリウムXには、UCIワールドチーム「ロット・ソウダル」がツアー・ダウンアンダーで実戦投入した2017チームカラーが限定カラーとして登場。2017年モデルで復刻した「フェニックス」はブラックが追加され、カラーバリエーションが7色になった。

ロット・ソウダル2017年チームカラーのリドレー「ヘリウムX」 ©RIDLEYロット・ソウダル2017年チームカラーのリドレー「ヘリウムX」 ©RIDLEY

ボリュームあるフレームと細身のフォーク

リドレー「ヘリウムX」のニューカラー ©RIDLEYリドレー「ヘリウムX」のニューカラー ©RIDLEY

 ヘリウムXは、ボリュームアップしたフレームと細身のストレートフォークが絶妙なバランスを生み出すミドルレンジフレーム。先代ヘリウムの形状をベースに、カーボンレイアップを見直すことで重量はそのままで剛性を向上させた。

 逆にフォークは細身のストレートフォークに見直すことで剛性、直進安定性、反応性など様々なバランスがレベルアップ。登坂だけでなくオールラウンドな能力を備えたレーシングフレームに生まれ変わった。

■リドレー「ヘリウムX」
フレーム素材:30ton, 24ton HM Carbon
サイズ:XXS、XS、S、M
カラー:HELX-06As (チーム)、HELX02As
税抜価格:268,000円

石畳のクラシックで性能を実証

 フェニックスは14万円を切るフレーム価格ながら、ロット・ソウダルが石畳のクラシックレースでも使用し衝撃吸収性を実証した、ハイブリッドオールラウンドモデル。

リドレー「フェニックス」(ブラック) ©RIDLEYリドレー「フェニックス」(ブラック) ©RIDLEY

 名車として名高い「ダモクレス」からのフィードバックによる「ダイアモンドシェープ」を採用した迫力のある。根元付近でベントされたフロントフォークは、パヴェなどの荒れた路面でも振動を吸収し、よりスムーズな走行を可能にする。

 ボリュームのあるフロントセクションに対し、リアセクションはヘリウムからのフィードバックによるシートステーを採用。中央部分を横方向に薄く扁平加工させることで振動吸収性を向上させている。

■リドレー「フェニックス」
フレーム素材:24ton HM Carbon
サイズ:XXS、XS、S、M
カラー:JP16-01As(BK.GREY.PINK)、JP16-01Bs(RED.WT.GREY)、JP16-01Cs(BK.BU.GREEN)、JP16-01Ds(BK.RED.WHT)、JP16-01Es(WT.RED.BK)、JP16-01Fs(WT.BU.BK)、JP16-02As(BLK)
税抜価格:138,000円(フレームセット)

関連記事

この記事のタグ

10~15万円のロードバイク20~30万円のロードバイクリドレー(RIDLEY)のロードバイク

10~15万円 20~30万円 Cyclist for Woman アイテム(女性向け) リドレー ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載