【Teamユキヤ通信】ツアー・ダウンアンダー2017 第6ステージ新城幸也はゴールスプリントでチーム最高16位 総合71位で今季初戦終了

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 オーストラリアのアデレードで開催されている「サントス・ツアー・ダウンアンダー」に参戦中の新城幸也(バーレーン・メリダ)は最終日1月22日の第6ステージでゴールスプリントに加わり、チーム最高位の16位でゴール。総合ではトップに10分20秒差の71位で今シーズン初戦を終了した。

最終日、第6ステージでも16位に入った新城幸也 Photo:  CorVos/Miwa IIJIMA​最終日、第6ステージでも16位に入った新城幸也 Photo: CorVos/Miwa IIJIMA

 最終日はアデレード市内に設定された1周4.5Kmを20周回で行われる90kmで行われた。新城はステージ優勝のカレイブ・ユアン(オーストラリア、オリカ・スコット)と同タイムでゴール。大会公式のフィニッシュ動画でもスプリントでゴールする新城の姿が映し出された。
エーススプリンターのニッコロ・ボニファツィオ(イタリア)をアシストする予定だったが、「今日はボニファッツィオのゴールスプリント狙いの一本だったが、ボニーの調子がイマイチだったので残念」と振り返った。

最終日、アデレードの市内を走る集団 Photo:  CorVos/Miwa IIJIMA​最終日、アデレードの市内を走る集団 Photo: CorVos/Miwa IIJIMA

 それでも今季初戦を終え「新しいチームの初戦だったが、 チームワークは日に日に良くなり、メンバーのキャラクターも知る事ができた。チームのオーガナイズも完璧だったし、良いスタッフばかりでしっかりサポートしてくれた。これからのシーズンに対して楽しみしかないよ」と話した。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツアー・ダウンアンダー2017 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載