緩やかなカーブでガードロープに衝突トライアスロン選手の小林大哲さんが転落死 バイク練習中、道路脇の崖下へ

  • 一覧

 1月21日午後1時45分ごろ、宮崎県綾町南俣の県道で競技用自転車の練習をしていた日本食研(愛媛県今治市)実業団トライアスロン部所属の小林大哲さん(24)=今治市=が道路脇の崖下に転落した。小林さんは数十メートル下の川で見つかり、ドクターヘリで搬送された宮崎市の病院で死亡が確認された。

 高岡署によると、小林さんは、男女計8人で練習していた。現場は緩やかな右カーブで、小林さんの自転車が道路左側のガードロープに衝突した。署が経緯を調べている。

SANSPO.COMより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

トライアスロン 事故・事件

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載