CYCLE MODE 2012尾道メイドの個性派バイク「凪スピード・プロジェクト」

  • 一覧

 「凪(なぎ)スピード・プロジェクト」という、一風変わった名前のブースを見つけた。展示されるバイクは、これまた一風変わったミニベロ・ロード。尾道メイド・しまなみ海道生まれ、地域発の新しい風を感じる、サイクリング・プロジェクトだ。

三毛猫モチーフの「ミケ凪」。バーテープも左右で色を変えている三毛猫モチーフの「ミケ凪」。バーテープも左右で色を変えている
標準モデルのクロモリフォーク版「NS451-R」。パーツはSORA標準モデルのクロモリフォーク版「NS451-R」。パーツはSORAでキックスタンド付き
標準モデルの上位タイプ「NS451-S」。カーボンフォークに105+ティアグラのパーツ標準モデルの上位タイプ「NS451-S」。カーボンフォークに105+ティアグラのパーツ
「黒凪」はマットブラックのロングホイールベースフレームに105ブラックコンポを組み合わせた最速仕様「黒凪」はマットブラックのロングホイールベースフレームに105ブラックコンポを組み合わせた最速仕様

 サイクルモード2012の同プロジェクト出展ブースで、まず目に付いたのが「ミケ凪」と名付けられた一台。三毛猫をイメージしたポップなカラーリングを施された女性向けモデルだ。カラーだけでなく、ドロップハンドルにも幅の狭いショートリーチのものを採用するなど、女性を意識したものとなっている。「ジョシナギ」と銘打っているが、男子でも乗ってみたくなる一台だ。

 凪スピードを販売するアンデックスは、広島県尾道市に本拠地を置く、塗装ブースや塗装設備の専門メーカーだ。そもそもスポーツサイクルとはまるで無縁の会社だが、新規事業への取り組みも意欲的に行っており、広島県内でドコモショップを数店舗運営していたりもするという。創立40周年にあたっての新規事業として社内で立ち上がったのが、このスポーツサイクルプロジェクト。話があまりつながらないが、つまり個性的で自由な発想を持つ会社ということであるらしい。

 尾道と言えば、本州と四国を結ぶ「しまなみ海道」の本州側の発着点である。自転車でも渡れる唯一の本四架橋として、国内外のサイクリストの人気を集めているしまなみ海道と、狭い路地が入り組んだ尾道の市街地を快適に走るために選ばれたのが、このミニベロ・ロードのスタイル。長距離を安定して走れる走破性と、市街地での取り回しの良さを両立させている。アルミ製のフレームは固さ重視で、GTのトリプルトライアングル的な構造。高い剛性と素早い加速力を実現している。

 試乗車に乗ってみたが、確かに固くてキビキビ走る。固すぎるかもとも思うが、一日中ひたすら自転車に乗り続けるような用途はあまり想定しておらず、限られた乗車時間を快適にする味付けだという。

“尾道MADE”のコラボレーション商品たち。限定発売の帆布製のヒップバッグは初日で完売“尾道MADE”のコラボレーション商品たち。限定発売の帆布製のヒップバッグは初日で完売
BMX全日本チャンプの長迫吉拓選手、ロードレースのマッサ・アンデックスをサポートしているBMX全日本チャンプの長迫吉拓選手、ロードレースのマッサ・アンデックスをサポートしている
派手なBMXバイク。長迫選手にちなんだレーサーモデルかと思いきや、女性向け街乗り仕様だという。リアに内装3段変速を装備派手なBMXバイク。長迫選手にちなんだレーサーモデルかと思いきや、女性向け街乗り仕様だという。リアに内装3段変速を装備

 また、自転車本体だけではなく、「尾道MADE」として備後地域の地場産業と凪スピードとのコラボレーション商品のプロデュースも行っている。凪スピード自体はレースを走るバイクではないが、競技活動へのサポートも行っており、ヨーロッパなどで活躍した元プロロードレーサー三船雅彦さんのチームを「マッサ・アンデックス」として、また現在BMX全日本選手権2連覇中で備後地域(岡山県笠岡市)出身の長迫吉拓選手を、それぞれサポートしている。

 地域発の元気なサイクルプロジェクトの今後に注目だ。(米山一輝)

ANDEX SPORTS CYCLE「凪スピード・プロジェクト」

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

アンデックス サイクルモード2012

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載