スマートフォン版はこちら

大会・イベント情報2017親子やビギナーも楽しめる「バイシクルライド2017イン東京」4月16日開催 都心巡る28km

  • 一覧

 東京都心部を自転車で散走するイベント「バイシクルライド2017イン東京」が4月16日(日)に開催される。コースは、千代田区の日比谷公園をスタート・ゴール地点に設定したおよそ28km。東京タワーや築地といった名所を、春を感じながら一日ゆっくり見て回れる魅力的なサイクリングコースだ。また参加費の50%は、難病の子供たちの夢を叶えるボランティア基金「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」に寄付される。参加募集は1月20日から受け付けている。

バイシクルライド2016イン東京の様子 ©バイシクルライド・イン東京実行委事務局バイシクルライド2016イン東京の様子 ©バイシクルライド・イン東京実行委事務局

東京の「新しさ」と「歴史」を満喫

親子での参加者も多い ©バイシクルライド・イン東京実行委事務局親子での参加者も多い ©バイシクルライド・イン東京実行委事務局

 今年で15回目の開催となる「バイシクルライド・イン東京」は、時間制限がなく、休憩や気になったスポットに気軽に立ち寄れるマイペースな雰囲気で親子連れやビギナーからも人気を集めている。

 今年は、2020年東京五輪の大動脈となる環状二号線のバイクレーンから始まり、銀座、築地、勝どき橋を経由して、晴海大橋、木遣り橋を渡ってお台場へ。さらに富士山を望む富士見橋のバイクレーンから、豊洲、月島、人形町と下町まで走るなど、日々移り変わる「新しい東京」と変わらない「歴史ある東京」の両方を満喫できる新コースが設定されている。

©バイシクルライド・イン東京実行委事務局©バイシクルライド・イン東京実行委事務局
東京都心には橋が多い ©バイシクルライド・イン東京実行委事務局東京都心には橋が多い ©バイシクルライド・イン東京実行委事務局

 ロードバイクやMTBなどのスポーツバイクだけでなく、リカンベント、ハンドサイクル、電動アシスト自転車などでも参加可能。子供が6歳未満で運転者が16歳以上の場合は、チャイルドキャリアを使用した参加も可能だ。

補給食を配るボランティアの皆さんと ©バイシクルライド・イン東京実行委事務局補給食を配るボランティアの皆さんと ©バイシクルライド・イン東京実行委事務局

 さらに希望者にはレンタサイクルが用意される(※)ため、自転車を持っていなかったり、遠方から手ぶらで参加したい人でも参加しやすい。

 会場では、自転車関連のブース出展やアトラクションを実施。さらにゴール後には参加者を対象とした抽選会が行われ、イベント協賛・協力企業が提供する賞品の抽選も楽しめる。

※レンタサイクルの台数には限りあり

「バイシクルライド2017イン東京」概要

開催日時: 2017年4月16日(日)8:00~時差スタート
スタート・ゴール:日比谷公園(東京都千代田区)
コース:日比谷公園-環二通り-銀座-築地-晴海大橋-富士見橋-豊洲-月島-越中島-清洲橋-人形町-大手町-皇居-日比谷公園
閉会式・抽選会:13:30~
募集期間:1月20日(金)~3月10日(金)
参加料:大人 6,000円、子供(中学生以下)1,000円
定員:2,000人

関連記事

この記事のタグ

イベント チャリティー/サポート バイシクルライド イン東京 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載