スマートフォン版はこちら

バイクインプレッション2017「CINELLI SUPERSTAR DISC」 ポップなグラフィックを纏った、マイルドなフルカーボンフレーム

  • 一覧

 イタリアの老舗ブランドでありながら、近年は伝統や格式といった文言とは一線を画するモダンなフレームデザインやアパレル、ファッション性の高いアイテムを揃える「CINELLI」(チネリ)。しかしデザイン先行ではなく、「あくまでもレース機材」という思想が根底にあり、その上でチネリのスタイルで彩られた製品がラインナップしている。今回試乗したのは、2017年モデルの「SUPERSTAR DISC」(スーパースター ディスク)だ。

「CINELLI SUPERSTAR DISC」(チネリ スーパースター ディスク) Photo: Masami SATOU「CINELLI SUPERSTAR DISC」(チネリ スーパースター ディスク) Photo: Masami SATOU

CINELLI SUPERSTAR DISC(チネリ スーパースター ディスク)
価格:210,000円(ディスクフレームセット、税抜)
サイズ:XS (46)、S (48)、M (51)、L (54)、XL (57)
カラー:ホワイトノイズ
問い合わせ先:ポディウム http://www.podium.co.jp/cinelli/

スペック

フレーム:コロンブス カーボン モノコック
フォーク:コロンブス フーツラ ディスク
変速機:シマノ・デュラエースDi2(F)&(R)
ギヤ:シマノ・デュラエース 50×34T、 11-25T(11s)
ホイール:ライトウェイト・マイレンシュタイン・クリンチャー
重量:7.25kg(Sサイズ完成車実測値)

遊び心溢れるトップチューブの「SUPERSTAR」のデザイン Photo: Masami SATOU遊び心溢れるトップチューブの「SUPERSTAR」のデザイン Photo: Masami SATOU
高強度カーボン繊維を採用したモノコックフレームのトップチューブは、ヘッドチューブ側で一旦角度をつけて下がる Photo: Masami SATOU高強度カーボン繊維を採用したモノコックフレームのトップチューブは、ヘッドチューブ側で一旦角度をつけて下がる Photo: Masami SATOU
「スーパースター」がチネリ初のディスクブレーキ対応モデル。前後共に12㎜スルーアクスルを採用する Photo: Masami SATOU「スーパースター」がチネリ初のディスクブレーキ対応モデル。前後共に12㎜スルーアクスルを採用する Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 試乗車はディスク仕様でしたが、キャリパーブレーキ仕様で105組の完成車モデルと、フレームの設定もある「スーパースター ディスク」。今回はインプレ用としてデュラエースDi2とライトウェイトのホイールというハイスペック仕様でした。

米山 うん。2017年モデルはディスク対応の車種が増えているね。様々なコンディションでも安定して使えると思う。今回の試乗車はホイールのおかげもあると思うけど、乗り味は軽快でマイルドで、クセがなく扱いやすいバイクだった。

松尾 剛性はそれほど高くはありませんが、必要なパワーをしっかりと路面に伝えてくれました。パリパリではなく、しっとりとした剛性感でしたね。ただ、ライトウェイトのホイールを使っている割には少々重く感じたかも。ボクはもう少し軽快だといいなぁと思いました。でも、速さを狙っているモデルではなさそうですね。

米山 そう。中上級者向けとカタログにはあるけど、レーシング向けではなく、様々な路面やコンディションにも対応する、エンデュランス系統のカーボンバイクという印象を受けた。

松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 トップチューブが角度をつけて下っていますが、乗り味もまさにスローピングフレームで、重心が低く、腰上の重量配分が軽く感じました。ディスクブレーキが採用され、足元の剛性が高いのも理由かもしれません。低重心でバイクは振りやすいです。ただ、重心が低く振りやすいけど上りは少し重量を感じました。下りコーナーは若干切れ込んでいく感じです。

米山 最適な用途としては、太いタイヤを装備して、ディスクブレーキのコントロール性の高い制動力を活かしたロングライドがまず頭に浮かぶ。ポップなグラフィックが楽しく、趣味性の高い1台。

松尾 非常に安定した乗り味が魅力的ですが、フォークとフレームのバランスは独特。安定しながらも切れ込むようなハンドリングで、チネリらしくもあり、個性的な一台だといえるでしょう。加速は良く言えばマイルドです。しっとりとした乗り味なので、ツーリングに相性がいいと思います。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

関連記事

この記事のタグ

20~30万円のロードバイクチネリ(cinelli)のロードバイク

20~30万円 チネリ バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載