CYCLE MODE 2012小柄な人にも“楽なペダリング”を ディズナのショートクランク「ラ・クランク」は驚きの140ミリ

  • 一覧

 東京サンエスがプロデュースするロード系パーツブランド「ディズナ」(Dixna)から一風変わったパーツが新発売された。「ラ・クランク」は一見普通のクランクだが、実はこれ、小柄な日本人に合わせたショートクランクなのだ。一番小さいサイズは140ミリという驚きの短さだ。

ディズナ「ラ・クランク」は小柄な人のためのショートクランクディズナ「ラ・クランク」は小柄な人のためのショートクランク

 ロードバイク用のクランク長は、日本人では170ミリが標準的な長さと言われている。ラインアップも170ミリが中心となり、脚の長い男性だと172.5ミリや175ミリ、小柄な人だと167.5ミリか165ミリあたりを使うことになる。

 しかし、これにうまく当てはまるのは、身長がおおよそ160センチ以上になる成人男性の話。女性だと大人でも身長160センチ以下の人や、150センチ以下の人も決して珍しくはない。そういった人たちはこれまでどうしていたのかと言えば、せいぜい165ミリの“長い”クランクを無理して使うしかなかったのだ。

東京サンエスのブースでも連日熱血指導を行っていたこ~ぢさん。両手放しで3本ローラーもご覧の通り東京サンエスのブースでも連日熱血指導を行っていたこ~ぢさん。両手放しで3本ローラーもご覧の通り

 この製品は、サイクルライフ・プロデューサーのこ~ぢ(相沢康司)さんが主宰する「こ~ぢ倶楽部」で、小柄な女性を多く指導した経験から提案されたものだ。小柄なサイクリストがクランクの長さやQファクター(左右クランクのペダル取付け部の外面間距離)を、体格に合わせてコンパクト化することで、乗車姿勢の安定につながり、体幹を使った回転するペダリングが可能になるという。体格に比べて長いクランクを使う無理がなくなるため、サドル高さも上げられるようになるとのこと。

 サイズは140~160ミリで、5ミリ刻みで用意される。Qファクターは143.8ミリ。左右のクランクにはペダル装着部にそれぞれ2ミリの段差が設けられており、通常は付属のワッシャーを装着するが、外して使うことで139.8ミリのQファクターを実現する。ちなみに一般的なメーカー製クランクのQファクターは、145~150ミリといったサイズだという。

 製品名の「ラ・クランク」は、こ~ぢさんがかつて選手として活躍したフランスのテイストと、“楽”なペダリングを実現するというコンセプトの、2つの意味が込められている。カラーはブラックとシルバーの2種類で、チェーンリング・BBセットで2万4150円。クランクアームや、チェーンリングのみでの販売もされる。

東京サンエス

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルモード2012

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載