京都府、2千万円かけ3月末完成予定自転車でホッと一息 京都「流れ橋」付近に憩いの場「茶いくるスポット」

  • 一覧

 京都・山城地域を巡るサイクリングロード「京都やましろ茶いくるライン」の整備を進めている京都府は、府内の八幡市と久御山町の木津川に架かる上津屋橋(通称・流れ橋)近くに、サイクリストの休憩スポット「茶いくるスポット」を設置する。3月末完成予定。

「茶いくるスポット」の完成イメージ図(京都府提供)「茶いくるスポット」の完成イメージ図(京都府提供)

 京都府は、茶いくるラインでの茶いくるスポット整備を順次進める予定で、今回の整備は第1号となる。昨年、流れにくい構造で復旧させた流れ橋のアピールにもつなげる。

 場所は八幡市側の、木津川左岸の府道京都八幡木津自転車道線沿いで、面積は約310平方メートル。自転車40台分の駐輪ラックのほか、曲線ベンチや屋根付きベンチ4基を備え、サイクリストの憩いの場としてもらう。整備費は約2千万円。

産経新聞・京都版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクリングロード

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載