カスタム主義!<1>“ママチャリ”を極める ハンドメイドの通勤快速号

  • 一覧
ハンドメイドの「通勤快速号」

 ロードバイクが大好きな40歳代のサイクリストが、通勤や買い物で使う際にも「速さと実用性と美しさを兼ね備えた自転車が欲しい」と考え、フルオーダーで製作したのがこの1台。オーナーは「究極のママチャリ」と呼んでいる(乗るのは男性だが…)。

通勤仕様のためフェンダーとスタンドを装備通勤仕様のためフェンダーとスタンドを装備
「使う人、目的にあわせた自転車造りフェア2011」に出品された「使う人、目的にあわせた自転車造りフェア」出品

 オーナーの要望は、(1)スーツでの通勤や買い物に必須の泥除け、前かご、スタンド、チェーンケースを装備 (2)雨の日も安全に減速できるディスクブレーキを装備 (3)自動点灯式ライトと、電池交換不要のハブダイナモを装備 (4)実用面を考え、耐久性やパーツ交換の自由度を重視 (5)ロードバイク並みの軽快さと乗り味を再現-など。

雨でも、夜でもOK。ハブダイナモとディスクブレーキを装備ハブダイナモとディスクブレーキを装備
変速機はティアグラ9速。後輪にもディスクブレーキ変速機はティアグラ9速。後輪もディスクブレーキ

 タカムラ製作所の手によるフレームは、直進性や、荷物積載時の安定性を重視して、フロントセンターを長めに設定。前傾姿勢に合わせて前かごをギリギリまで低く設置できるよう、取り付けステーは特注された。カーブやストップ&ゴーでの取り回しに配慮し、トップチューブはわずかにスローピングしている。チューブは丈夫さで定評があるカイセイ022。ホイールはロードバイク用リムで手組みされた。

フレームの製作風景フレームの製作風景
オーナーこだわりのイタリアンカット・ラグが美しいこだわりのイタリアンカット・ラグが美しい

 デザインへのこだわりはフルオーダー車ならでは。チューブの接続には、美しいシルエットのイタリアンカット・ラグを採用。フレームカラーは、ロードレースの実業団チーム「パールイズミ・スミタ・ラバネロ」のワークスマシンと同じだ。車名の「SPIRITO」は「精神」という意味のイタリア語。フレームやパーツの随所に競技用ロードバイク作りのノウハウが込められている。

フロントフォークは一見ロードバイク風だが、ディスクブレーキの台座付きフロントフォークはディスクブレーキ台座付き
ヘッドランプは、より明るいLEDタイプに交換したヘッドランプは、より明るいLEDタイプに交換した
ハンドルステムも、より前傾の深いものに交換したハンドルステムも、より前傾の深いものに交換した

 オーナーによると、お値段は29万4000円。まさに大人のサイクリストのためのハイエンドバイクだ。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

オーダー自転車 クロモリ ママチャリ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載