初戦はアルゼンチンで1月23日からNIPPO・ヴィーニファンティーニが第2次キャンプ終了 開幕戦には窪木一茂が出場

  • 一覧

 UCI(国際自転車競技連合)プロコンチネンタルチームの「NIPPO・ヴィーニファンティーニ」が、1月8日から15日までイタリアで第2次トレーニングキャンプを実施した。チームの初戦は23日からアルゼンチンで開催されるブエルタ・ア・サンファン(UCIアメリカツアー2.2)で、日本人選手は窪木一茂が出場する。

ラスペッツィアを起点にして、リグーリア州からトスカーナ州にかけて毎日しっかりと乗り込みを行った © NIPPO Vini Fantiniラスペッツィアを起点にして、リグーリア州からトスカーナ州にかけて毎日しっかりと乗り込みを行った © NIPPO Vini Fantini

 チームプレゼンテーションを7日、イタリア・アブルッツォ州オルトーナで開いたNIPPO・ヴィーニファンティーニは、欧州を襲った大寒波による大雪を避けて、8日に温暖なリグーリア州ラスペッツィアへと移動。約1週間のトレーニングキャンプを行った。2月に入るとヨーロッパやアジアにて重要なレースが続くため、選手たちはそれぞれの初戦に向けて、トレーナーが作成したトレーニングメニューをこなしながら、集中してトレーニングに励んだ。

ダミアーノ・クネゴ(左)と並んでトレーニングをする中根英登 © NIPPO Vini Fantiniダミアーノ・クネゴ(左)と並んでトレーニングをする中根英登 © NIPPO Vini Fantini
スプリントの練習を行う窪木一茂。短時間で最大値まで踏み込む練習を繰り返す © NIPPO Vini Fantiniスプリントの練習を行う窪木一茂。短時間で最大値まで踏み込む練習を繰り返す © NIPPO Vini Fantini

●2017シーズン 2月までの暫定レーススケジュール(1月17日現在)

1月23日〜29日 ブエルタ・ア・サンフアン(アルゼンチン、アメリカツアー2.1)
2月5日 GPコスタ・デリ・エトルスキ(イタリア、ヨーロッパツアー1.1)
2月12日 トロフェオ・ライグエリア(イタリア、ヨーロッパツアー1.HC)
2月14日〜19日 ツアー・オブ・オマーン(オマーン、アジアツアー2.HC)
2月22日〜3月1日 ツール・ド・ランカウイ (マレーシア、アジアツアー2.HC)

自転車ミュージアムを訪れ、全選手のサイン入りジャージを寄贈 © NIPPO Vini Fantini自転車ミュージアムを訪れ、全選手のサイン入りジャージを寄贈 © NIPPO Vini Fantini

 キャンプ最終日の15日は、日曜日ということもあり、150人を超える地元のファンやサイクリストを招いて、楽しくサイクリングを行った。そして最後はモンテマルチェッロにある自転車ミュージアムに立ち寄り、全選手のサイン入りジャージを寄贈した。

 その後窪木を除く日本人選手は、数多くのプロチームがキャンプを行うスペイン、バレンシア地方に移動。自主キャンプを行っている。

おもに現場で指揮を執る3人の監督たち。左からヴァレリオ・テバルディ監督、福島晋一監督、マリオ・マンゾーニ監督。チームワークは抜群だ © NIPPO Vini Fantiniおもに現場で指揮を執る3人の監督たち。左からヴァレリオ・テバルディ監督、福島晋一監督、マリオ・マンゾーニ監督。チームワークは抜群だ © NIPPO Vini Fantini
チームに所属して3シーズン目を迎えた福井響メカニック。今季も世界のトップレースで修行を積む © NIPPO Vini Fantiniチームに所属して3シーズン目を迎えた福井響メカニック。今季も世界のトップレースで修行を積む © NIPPO Vini Fantini

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

チームNIPPO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載