日本屈指のヒルクライム大会大人気「ハルヒル」の参加者、1月21日から募集 防犯体制も強化

  • 一覧
2014年の大会で榛名山の山頂に向けてスタートする選手たち(橋爪一彦撮影)2014年の大会で榛名山の山頂に向けてスタートする選手たち(橋爪一彦撮影)

 群馬県高崎市は5月20、21の両日に開催する自転車レース「第5回榛名山ヒルクライム in 高崎」の参加者募集を21日午後1時から開始する。

 同市によると、昨年の大会では7382人がエントリー。「ハルヒルは回を重ねるごとに参加者が増え、日本屈指のヒルクライム大会となった」という。

 コースは最大斜度14%の榛名湖コース(16.1キロ)、榛名神社コース(11.6キロ)、ママチャリでも参加できる初心者コース(6.7キロ)の3コースを設定。このほか3人1組によるタイムトライアルレースも行われる。

募集5000人も「こだわらず受け入れ」

 募集人員は5000人だが、同市では「これにこだわらず受け入れる」としている。1000人を超える地元ボランティアが“おもてなしの心”で大会をサポートしているのも特徴だ。

 昨年の大会では自転車3台の盗難事件が発生。このため同市では駐輪場に監視要員を配置したり、移動式の防犯カメラ設置を検討したりと防犯体制の強化を図る。問い合わせは同市榛名支所(電話)027・374・6715。
産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ヒルクライム 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載