無灯火で大阪から神戸まで乗車「英国では無施錠の自転車は乗ってもいい」 放置自転車を無断使用の英国人を逮捕

  • 一覧

 放置してあった自転車を無断で使用したとして、兵庫県警垂水署は1月10日、占有離脱物横領容疑で、英国籍の職業不詳、ジョン・ロイド・マークハム容疑者(37)=同県明石市大久保町福田=を逮捕した。「英国では鍵のかかっていない自転車には乗ってもいいことになっている」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は平成26年11月10~16日、無施錠で止めてあった自転車を大阪市中央区瓦屋町から神戸市垂水区平磯まで使用したとしている。

 同16日早朝、垂水区内を無灯火の自転車で走行していたマークハム容疑者を巡回中の署員が発見。大阪市内で盗難届が出ていた自転車だったため職務質問したところ、「鍵がかかっていなかったので大阪から乗ってきた」と供述したという。

 同署は任意捜査を進めていたが、マークハム容疑者が応じないため逮捕した。

産経WESTより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

事故・事件

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載