2016年、高齢者の割合は過去最悪全国の交通事故死、67年ぶり4000人割れ 自転車乗車中は前年から14%減

  • 一覧

 平成28年に全国で発生した交通事故死者数は前年より213人(5.2%)少ない3904人で、昭和24年以来67年ぶりに4000人を切り、3000人台となったことが1月4日、警察庁のまとめで分かった。統計を開始した昭和23年以降では3番目の少なさで、最多だった昭和45年の1万6765人と比べると4分の1以下となった。

 このうち65歳以上の高齢者の交通事故死者数は2138人で、全体に占める割合は54.8%。高齢者の死者数の統計を始めた42年以降で過去最悪となった。

 警察庁幹部は交通事故死者数が減少した理由を「交通安全教育の普及や車の安全性の向上、信号機や道路の改良などが進んだ結果と考えられる」と分析している。

 平成28年11月末までの死亡事故を形態別にみると、自動車乗車中1208人(前年同期比20人増)▽自動二輪車乗車中422人(同11人増)▽原付乗車中212人(同11人増)▽自転車乗車中448人(同73人減)▽歩行中1183人(同158人減)などで、自動車乗車中と歩行者が多数を占めた。

 飲酒運転による死亡事故件数は20年以降300件を切り減少傾向にあったが、28年は213件で前年より12件(6.0%)増えた。

 政府は32年までに交通事故死者数2500人以下とする目標を掲げており、警察庁幹部は「引き続き事故抑止対策に取り組む」としている。(共同通信)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド 事故・事件

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載