CYCLE MODE 2012ステムまで一体のエアロデザイン「ルック675」新登場

  • 一覧

 1980年代からフルカーボンフレームを製作する、カーボンバイクの老舗である「LOOK」(ルック)から、2013年モデルとして新たに「675」が登場した。

LOOK 675。ブラックはつや消し処理で渋い輝きを放つLOOK 675。ブラックはつや消し処理で渋い輝きを放つ
フレームとステムが完全に一体化するデザインフレームとステムが完全に一体化するデザイン
ステムの取り付け方によって高さを調節できるステムの取り付け方によって高さを調節できる

 フレーム本体だけでなく周辺パーツまでのトータルインテグレーションを進めるルック。675ではトップチューブから一直線につながるラインを持つ専用の「A-ステム」が特徴だ。TTスペシャルマシンのような作りは、デザイン性もさることながら、空気抵抗の面でもメリットがありそうだ。

 ステムの上下入れ替えとスペーサーの組み合わせにより、0mmから+15mmまで5mm刻みで高さを調節できる。ステムは販売時にはフレームサイズに応じた特定のサイズのものが付属しており選べないが、オプションパーツとして別サイズも用意されるという。

LOOK 675(ホワイト)。カラーによってイメージが大きく変わるLOOK 675(ホワイト)。カラーによってイメージが大きく変わる

 マシンとしての特性は、高速巡航製を重視したリアルレーサーとのこと。直進安定性や振動吸収性も高いという。重量は若干重めのため、ヒルクライム用といった趣ではないが、ロードバイクで走る大半のシーンで快適な走りを体感できるはずだ。

 フレーム価格は28万3500円(税込み)。ワイヤー類は内蔵処理で、電動変速にも対応する。

ユーロスポーツインテグレーション

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルモード2012 ルック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載