沼津、伊豆などサイクリストに優しい地域目指す静岡県東部で「バイシクルピット」設置へ 協議会がマークデザインを募集

by 米山一輝 / Ikki YONEYAMA
  • 一覧
デザインコンペティションのポスター(狩野川周辺サイクル事業推進協議会提供)デザインコンペティションのポスター(狩野川周辺サイクル事業推進協議会提供)

 静岡県沼津市を事務局とする「狩野川周辺サイクル事業推進協議会」が、今後静岡県東部地域に設置予定の「バイシクルピット」の、シンボルマークとロゴマークのデザインを募集している。特賞は5万円、入賞には1万円の謝礼が支払われる。応募期限は2017年1月16日。

 バイシクルピットは、バイシクルフレンドリーなスポットに共通のマークを掲げるもので、自転車用工具・空気入れの無料貸出しや休憩場所の提供を行う。宿泊施設、飲食店、コンビニなど、賛同する事業者を募り、将来的に静岡県東部地域で150か所の認定を目指している。

 狩野川周辺サイクル事業推進協議会は、沼津市のほか、伊豆市、伊豆の国市、函南町の、静岡県東部の3市1町により、今年6月に発足。伊豆全域におけるサイクリストの利便性向上の先進的な取組みを検討・実施し、サイクリスト誘客と自転車の利用と活用による地域振興・発展を推進していく。

 同協議会では今年、自転車&船によるモニターツアーイベント「ぐるっと“ぬまいち”」や、ウィーラースクールジャパン代表のブラッキー中島さんらを招いての初心者ロードバイク体験教室・指導者講習会、また自転車の観光振興や街作りをテーマとした講演会などを開催した。2017年も沼津市内で1月28日に、スポーツ車を体験できる屋内ブース型自転車イベント「キラメッセぬまづ-サイクルスタイルIZU-」の開催を予定するなど、発足初年度より精力的な活動を行っている。

バイシクルピット・デザインコンペティション概要

謝礼:特賞 金5万円、入賞(5案)各金1万円
参加料:無料
応募期限:2017年1月16日
主催:狩野川周辺サイクル事業推進協議会(事務局:沼津市)
共催:静岡県東部地域スポーツ産業振興協議会

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載