シートポストの挿入位置が2つにBMCのTTバイク「タイムマシーン」が刷新 トライアスロンでも最適なポジションを実現

by 平澤尚威 / Naoi HIRASAWA
  • 一覧

 バイクブランド「BMC」のタイムトライアル(TT)バイク「TIMEMACHINE」(タイムマシーン)が、トライアスロンでも最適なポジションを出せるバイクとしてモデルチェンジした。シートポストの挿入位置を2カ所設け、トライアスロン向けの専用ハンドルを開発。エアロ性能を高めポジションの出しやすさを追求した、TTでもトライアスロンでも高い性能を発揮するバイクだ。

BMC「タイムマシーン01 スラムレッド eTap」 Photo: Naoi HIRASAWABMC「タイムマシーン01 スラムレッド eTap」 Photo: Naoi HIRASAWA

 新型タイムマシーンは、横風の影響を受けにくいチューブ形状で、エアロパフォーマンスが向上。トライアスロン専用のハンドルシステム「Vコックピット」は高いパッド位置でも乱気流を生まないよう設計された。スタンダードな「フラットコックピット」は、より低いポジションで空気抵抗を抑えられ、ベースバーの取り付け向きを上下入れ替えれば80mmの高さ調節ができる。

Vコックピットは乱気流を生まないように設計 Photo: Naoi HIRASAWAVコックピットは乱気流を生まないように設計 Photo: Naoi HIRASAWA
高いポジションを出せるVコックピット Photo: Naoi HIRASAWA高いポジションを出せるVコックピット Photo: Naoi HIRASAWA

 ロードTTで使う場合は一般的なバイク同様に、シートチューブにシートポストを差し込む。トライアスロンでは、シートポスト約1本ほど前側に設けられたマウントに挿入して“前乗り”に対応、シートチューブの上にはストレージボックスを設置する。シートアングルは71~81°、ヤグラの位置は最大120mmの幅で調整できる。

タイムトライアル向けのシートポスト挿入位置 Photo: Naoi HIRASAWAタイムトライアル向けのシートポスト挿入位置 Photo: Naoi HIRASAWA
トライアスロンで使う場合はシートポストを前に挿入 Photo: Naoi HIRASAWAトライアスロンで使う場合はシートポストを前に挿入 Photo: Naoi HIRASAWA

 フロントブレーキはフォークに内蔵され、空気抵抗を低減している。ブレーキレバーの引き具合に対し、一般的なブレーキよりもストロークが大きいブレーキブースターテクノロジーを採用。ブレーキパッドがリムに触れないようクリアランスを確保した。また、予備のブレーキカートリッジが1セット用意されているので、練習用ホイールと決戦用ホイールを換装する際に簡単にパッドを交換できる。

フロントブレーキはフォークに内蔵 Photo: Naoi HIRASAWAフロントブレーキはフォークに内蔵 Photo: Naoi HIRASAWA
トップチューブに格納されるブレーキブースター Photo: Naoi HIRASAWAトップチューブに格納されるブレーキブースター Photo: Naoi HIRASAWA

 ハイエンドの「タイムマシーン01」は新型デュラエースDi2、アルテグラDi2、スラムレッド eタップという電動コンポーネントの完成車とフレームセットをラインナップ。「タイムマシーン02」はアルテグラDi2、アルテグラ、105、フレームセットで発売される。

BMC「タイムマシーン01 アルテグラDi2」 Photo: Naoi HIRASAWABMC「タイムマシーン01 アルテグラDi2」 Photo: Naoi HIRASAWA

■BMC「タイムマシーン01」
デュラエースDi2 税抜1,490,000円
スラムレッド eタップ 税抜1,260,000円
アルテグラDi2 税抜980,000円
フレームセット 税抜790,000円

BMC「タイムマシーン02 アルテグラDi2」 Photo: Naoi HIRASAWABMC「タイムマシーン02 アルテグラDi2」 Photo: Naoi HIRASAWA

■BMC「タイムマシーン02」
アルテグラDi2 税抜700,000円
アルテグラ 税抜430,000円
105 税抜340,000円
フレームセット 税抜300,000円

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

30~50万円のロードバイク50万円以上のロードバイクBMCのロードバイク

30~50万円 50万円~ BMC TTバイク ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載