「バランスの良いチームにしたい」宇都宮ブリッツェンが2017年度メンバーを発表 岡篤志と馬渡伸弥が新たに加入

  • 一覧

 自転車ロードレースのプロチーム、宇都宮ブリッツェンは12月16日、県庁で記者会見を開き、来季の新体制を発表した。新たにオールラウンダーの2選手が加わり、清水裕輔監督は「登りでも平地でも勝てるバランスの良いチームにしていきたい」と意気込んだ。(産経新聞宇都宮支局)

新加入の岡篤志、馬渡伸弥を加えた宇都宮ブリッツェンのメンバー (写真・産経新聞宇都宮支局)新加入の岡篤志、馬渡伸弥を加えた宇都宮ブリッツェンのメンバー (写真・産経新聞宇都宮支局)

JPTや全日本の優勝が目標に

 今季の年間総合成績は2位で終わった。清水監督は「来年の(結果に対する)ハードルが上がった。ハードルを下げることなく走っていきたい」と述べた。来季の目標に、全日本選手権優勝やJプロツアー個人、団体総合優勝などを挙げ、「オールラウンダーの選手が多くなり、戦術が増える。チーム全員で優勝を目指していきたい」とした。

 主将の鈴木真理は「(個人的には)けがの回復を願うしかない」とした上で、「今まで経験してきたことを伝えることで若手の育成にも努めたい」とチームの底上げを目指す考えを示した。

 新加入の馬渡伸弥(鹿屋体大)は「自分のできることをやり、優勝できるよう頑張りたい」とし、同じく岡篤志(弱虫ペダル)は「アップダウンが好き。スプリントで勝機を見いだしていきたい」と力を込めた。今季も活躍した大久保陣、堀孝明が退団。他チームに移ることになる。

 来季メンバーは次の通り。鈴木真理(41)=主将▽増田成幸(33)▽鈴木譲(31)▽阿部嵩之(30)▽飯野智行(27)▽雨沢毅明(21)▽小野寺玲(21)▽馬渡伸弥(22)=新加入▽岡篤志(21)=同▽シクロクロスチーム、小坂光(28)

産経ニュース

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

宇都宮ブリッツェン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載