シルベストサイクルの山崎敏正さんがレポート小豆島サイクルステーションが完成 工具設備や休憩エリアも完備

  • 一覧

 瀬戸内海に浮かぶ香川県の小豆島に12月7日、「小豆島サイクルステーション」が完成し、開設セレモニーが行われた。小豆島は、美しい山と海、整備され走りやすい道、おいしいグルメもたっぷりで、クルマが少ない…と至れり尽くせりの「サイクリスト最後の楽園」。同施設の完成に尽力したシルベストサイクル統括店長の山崎敏正さんのレポートでお送りします。

落ち着いた内装の小豆島サイクルステーション Photo: Toshimasa YAMAZAKI 落ち着いた内装の小豆島サイクルステーション Photo: Toshimasa YAMAZAKI

一周約110km、小さく回れば60km

開設式に参加したシルベストサイクルのメンバー Photo: Toshimasa YAMAZAKI開設式に参加したシルベストサイクルのメンバー Photo: Toshimasa YAMAZAKI

 小豆島サイクルステーションは、「自転車を通じて瀬戸内海の魅力を世界に発信する」という「小豆島サイクルアイランド構想」の基幹となる施設。小豆島発着のフェリーなどを運行する両備グループ(岡山市)が土庄町にある同グループのオーキドホテルの一部を改装して完成させたものです。フェリーで岡山にも高松にもつながる一番の玄関口、土庄港(とのしょうこう)直近のアクセス最高のロケーションです。

サイクルステーションが入るオーキドホテル Photo: Toshimasa YAMAZAKI サイクルステーションが入るオーキドホテル Photo: Toshimasa YAMAZAKI
小豆島サイクルステーションではパンク修理のためのグッズなども販売 Photo: Toshimasa YAMAZAKI小豆島サイクルステーションではパンク修理のためのグッズなども販売 Photo: Toshimasa YAMAZAKI
施設内には整備コーナーも Photo: Toshimasa YAMAZAKI  施設内には整備コーナーも Photo: Toshimasa YAMAZAKI

 施設内には無料更衣室、コインロッカー、簡単な修理ができる工具設備とフロアポンプ、靴を脱いでくつろげる休憩エリア、バイクラックなどが完備しています。忘れ物に対応できるチューブ等の小物の販売まであります。また、隣接する温泉の利用もでき、さっぱりしてフェリーに乗り込むことができます。

 小豆島の一周は小さく回って約60km、大きくすべての岬を回ったら約110km。適度な起伏がある上に、チャレンジャーには島の4カ所の港から上れる「寒霞渓」という走りごたえのある山岳コースも魅力的です。

小豆島はアップダウンもあり瀬戸内の景色も楽しめる Photo: Toshimasa YAMAZAKI 小豆島はアップダウンもあり瀬戸内の景色も楽しめる Photo: Toshimasa YAMAZAKI
二十四の瞳映画村の、樽のバス待合室を前に記念撮影 Photo: Toshimasa YAMAZAKI二十四の瞳映画村の、樽のバス待合室を前に記念撮影 Photo: Toshimasa YAMAZAKI
「天使の散歩道」とも呼ばれているエンジェルロードで記念撮影 Photo: Toshimasa YAMAZAKI  「天使の散歩道」とも呼ばれているエンジェルロードで記念撮影 Photo: Toshimasa YAMAZAKI

観光ポタリングから本格的合宿まで

 小豆島オリーブ公園や二十四の瞳映画村など、有名な楽しい観光スポットも多いのでポタリングから本格トレーニングまで、様々な脚力レベルの皆さんを満足させる懐の深い島です。名産がオリーブであることが示すように、雨が少なく気候が温暖なので冬場の合宿等にももってこいです。

落ち着いた海岸沿いのルートも魅力的だ Photo: Toshimasa YAMAZAKI  落ち着いた海岸沿いのルートも魅力的だ Photo: Toshimasa YAMAZAKI

 「小豆島はなかなか遠くて行きにくいのでは」と思われている方も多いようなのですが、四国からも岡山からもフェリーの所要時間はわずか1時間ほど、京阪神からのアクセスはもちろん、新幹線岡山駅からの連絡を使えば関東からでも遠征可能な距離なんです。今回の小豆島サイクルステーションの開設を契機に小豆島をサイクリストにとって更に快適なよりフレンドリーな島にしようとする気運が一気に高まりそうです。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

グルメ・旅(女性向け) サイクルツーリズム ロングライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載