全日本シクロクロス選手権2016【速報】男子エリートは沢田時が優勝 全日本シクロクロス選手

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 全日本シクロクロス選手権の男子エリートカテゴリーが12月11日、宇都宮市内の道の駅「うつのみや ろまんちっく村」特設コースで開催され、沢田時(ブリヂストンアンカー)が優勝を飾った。

男子エリートを制した沢田時(ブリヂストンアンカー) Photo: Kenta SAWANO男子エリートを制した沢田時(ブリヂストンアンカー) Photo: Kenta SAWANO

 レースはスタート直後から沢田を含む5人のパックで始まった。1周目からトップに躍り出た沢田がその座を譲ることなく独走で優勝。2位は前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)、3位は小坂光(宇都宮ブリッツェン シクロクロスチーム)だった。 男子エリートは60分、8周回で争われた。

男子エリート結果(60分)
1 沢田時(ブリヂストンアンカー)
2 前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)
3 小坂光(宇都宮ブリッツェン シクロクロスチーム)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

シクロクロス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載