title banner

まさみんのゆるゆる自転車女子旅<26>スペース拡大でレースも参加者もパワーアップ 進化し続ける「バイクロア6」

by 龍野雅美 / Masami TATSUNO
  • 一覧

 12月3日・4日の2日間にわたって「秋ヶ瀬の森バイクロア6」に参加してきました。ポタガールたちも皆「1年で1番楽しみ!」と口をそろえる「秋ヶ瀬の森バイクロア6」。今年はコースが変わって大きくリニューアルし、大人も子どもも楽しめる自転車エンターテインメントがさらにパワーアップしていました。ポタガールは仮装や特殊自転車が走るお祭りレース「OWL CLASS」(オウルクラス)に毎回参加。今回はその「オウルクラス」が行われたバイクロア2日目の様子をレポートします。

オウルクラス。もはやなんのイベントなのか分からない…(提供: バイクロア実行委員会)オウルクラス。もはやなんのイベントなのか分からない…(提供: バイクロア実行委員会)

ツリーハウスやハンモックが観戦席に

 今回は従来からのコース変更にあわせて、会場もちょこっとお引越し。これまでと比べて観戦できるエリアが拡大し、参加者だけでなく観戦する人もさらに楽しめるようになっていました。

コースの一部であるフライオーバーをよじ登るさおりん Photo: Masami TATSUNOコースの一部であるフライオーバーをよじ登るさおりん Photo: Masami TATSUNO
コースのすぐそばでピクニック観戦 Photo: Masami TATSUNOコースのすぐそばでピクニック観戦 Photo: Masami TATSUNO

 スタッフの方がいろんなアイデアをちりばめた会場には、ツリーハウスやハンモックなどで観戦できるようになっています。そんな仕掛けがあちこちにあるものだから退屈そうにしてる人なんて、ほんとにいない!「レースには出ないけど楽しいから見に来た」と話す人がたくさん会場にいました。

大人も子供もうれしいハンモック観戦 Photo: Masami TATSUNO大人も子供もうれしいハンモック観戦 Photo: Masami TATSUNO
ツリーハウス観戦 Photo: Masami TATSUNOツリーハウス観戦 Photo: Masami TATSUNO

 この日は初級~中級男性が走る「ファンクラス」、女の戦い「レディースクラス」、「キッズレース」に、本気の戦いが見られる「ファストクラス」などすべてのジャンルの人が楽しめるレースが用意されていました。

キッズも楽しめるコース「KIDLORE」 Photo: Masami TATSUNOキッズも楽しめるコース「KIDLORE」 Photo: Masami TATSUNO
みんな転んでも、すぐに顔をあげて自転車を立て直すの。ほんとたくましい! Photo: Masami TATSUNOみんな転んでも、すぐに顔をあげて自転車を立て直すの。ほんとたくましい! Photo: Masami TATSUNO
キッズコースにも風船や土嚢などいろんな障害物が Photo: Masami TATSUNOキッズコースにも風船や土嚢などいろんな障害物が Photo: Masami TATSUNO
キッズレースで、がんばるキッズを追いかけ見守るパパ&ママ Photo: Masami TATSUNOキッズレースで、がんばるキッズを追いかけ見守るパパ&ママ Photo: Masami TATSUNO
スタート前は不安がにじみ出ていた絹代さんもこの笑顔!「運動音痴だから不安だったけど、思っていた以上に楽しめた!」と話していましたよ Photo: Masami TATSUNOスタート前は不安がにじみ出ていた絹代さんもこの笑顔!「運動音痴だから不安だったけど、思っていた以上に楽しめた!」と話していましたよ Photo: Masami TATSUNO

 「レディースクラス」にはポタガールのリーダー、絹代さんらが参加。そして「Liv」(リブ)のアンバサダーとしても知られる武田和佳さんも出場されていました。和佳さんの走る姿、こんな間近で見たのは初めてだったのですが、もうホントすてき。しなやかな動きで、いくつもの障害物を笑顔で駆け抜けていく。気が付いたときには「やだ…。かっこいい~!」ってドキドキときめいていました(笑)。

武田和佳さんの姿も! 今週末はいよいよ全日本選手権、たくさんの方からの元気と笑顔を力に優勝を目指して全力で頑張ります! Photo: Masami TATSUNO武田和佳さんの姿も! 今週末はいよいよ全日本選手権、たくさんの方からの元気と笑顔を力に優勝を目指して全力で頑張ります! Photo: Masami TATSUNO

 そんな和佳さんから、「地元の開催でもあるのに、実は今回が初めて…!いつも大切なレースが被っていて…(バイクロアさんごめんなさい)。コースのアドバイスをとお手伝いもさせていただき、選手、参加者、スタッフとして様々な角度から楽しみ学ばせていただきました。 わいわい楽しいレースに美味しい食べ物、飲み物、アスレチックなど大人も子供も思う存分に楽しめるこんなイベント、他にはないと思います! 来なきゃ損!もっと多くの方に楽しんでほしいイベントです!」とバイクロア愛たっぷりのあつーいメッセージをいただきました。地元埼玉出身のサイクリスト、これからも応援させていただきます!

ショッピングエリアもフードも充実です Photo: Masami TATSUNOショッピングエリアもフードも充実です Photo: Masami TATSUNO
生ハムを使ったパニーニ。行列ができていました Photo: Masami TATSUNO生ハムを使ったパニーニ。行列ができていました Photo: Masami TATSUNO

ドレスコードはデニム!

デニムクラスにも参加したさおりん。レース直前、ブース裏で長いスカートをチョキチョキ短くアレンジ! Photo: Masami TATSUNOデニムクラスにも参加したさおりん。レース直前、ブース裏で長いスカートをチョキチョキ短くアレンジ! Photo: Masami TATSUNO

 そして「めっちゃおもしろい!」と思ったのが「デニムクラス」。いろいろな個性あふれるデニムスタイルが見られるのも魅力の一つですが、それに加えて、ガチな走りをする人と楽しみながら走る人がバランスよく混在していて「おおっ!」と歓声が沸くような走りが見れたと思ったら「がんばれー!」と握りこぶしを作ってしまうようなライダーもいて、観戦するのも忙しくって楽しい(笑)。

いろんなデニムスタイルがあって、観てるだけでも楽しい Photo: Masami TATSUNOいろんなデニムスタイルがあって、観てるだけでも楽しい Photo: Masami TATSUNO
入賞者にはデニムアイテムがプレゼントされていました! Photo: Masami TATSUNO入賞者にはデニムアイテムがプレゼントされていました! Photo: Masami TATSUNO

前代未聞“花嫁シクロクロッサー”

今年の衣装テーマは「さおりん結婚おめでとう!」。さおりんが絶対着たい!と言っていたピンクドレス。ポタガールはブライズメイドになってお祝いライドしました Photo: Masami TATSUNO今年の衣装テーマは「さおりん結婚おめでとう!」。さおりんが絶対着たい!と言っていたピンクドレス。ポタガールはブライズメイドになってお祝いライドしました Photo: Masami TATSUNO

 バイクロアの名物レース「オウルクラス」。今回ポタガールは今年6月に入籍したさおりんのお祝いをかねてウェディングスタイルで参加しました。実は、バイクロアはさおりんと旦那さんである「キクミミ」さんの出会いの場所でもあるんです!

 そんな思い出のイベント。さおりんはこの日のためにずっと着たかったピンクのドレスを用意しました。でも、このドレス、足元までフワフワが広がるロングドレスなんです。「え!それで走るの?」と、ドレス姿を見た人みんなが驚いた表情でたずねます。そりゃそうですよね…。出走前には、ブース裏で3人がかりで整えました(笑)。

メンテしながらも泥にまみれ、最後は走りながらゴールした姫 Photo: Masami TATSUNOメンテしながらも泥にまみれ、最後は走りながらゴールした姫 Photo: Masami TATSUNO
ライスシャワーでお祝い!(提供:バイクロア実行委員会)ライスシャワーでお祝い!(提供:バイクロア実行委員会)

 ドレス騒動もありましたが、今年は本当に忘れられないエピソードがたくさんありました。

 ブライズメイドの私たちは、ライスシャワーを撒きながら走る。観戦する人も巻き込んでライスシャワーに参加してもらう。走っている途中でゆず湯に強制入浴させられる。なんと花婿不在で、新しい旦那を探すと姫が言い放つ。

ブーケトス!(提供:バイクロア実行委員会)ブーケトス!(提供:バイクロア実行委員会)

 そしてポタガール小島さんがスタート直後に枝を巻き込んだのか、ディレイラーが破損して走行不可能になり、自転車を担いで走る羽目になる。最後のブーケトスで、ブーケを取ろうとしたチズリンが泥まみれのコスプレイヤーたちに飲み込まれる…。

 色々ありましたが、つまり…今回のバイクロアも最高でした! また来年、この地でたくさんの人と会えるのを楽しみにしています。

Photo: Masami TATSUNOPhoto: Masami TATSUNO
龍野雅美龍野雅美(たつの・まさみ)

1984年生まれ、埼玉県在住。平日はふつうの働き女子(アラサー女子)、休日は自転車、ときどきライター。2010年に初参加した四国一周サイクリングイベント「コグウェイ四国」がきっかけで自転車旅に夢中に。以来、日本各地へ自転車とともにでかけ、そろそろ海外での自転車旅も…と夢見ている。自転車の楽しみ方と埼玉の魅力を発信する「ポタガール」としても活動し、ポタガールらが登場するウェブサイト「ポタ日和」で情報発信をしている。ワールドサイクルブログ「ポタガール まさみんです!」でも執筆中。

フォトギャラリー


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ゆるゆる自転車女子旅

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載