キャッシュバックキャンペーンも実施中ウィアウィスが「試乗車宅配サービス」を開始 ナノカーボンバイクを存分にテスト可能

  • 一覧
ウィアウィスのロードバイク「ASSASSIN」(アサシン)には、ナノカーボン技術と、独自のラミネート技術「S-CORE」を導入 Photo: Masami SATOUウィアウィスのロードバイク「ASSASSIN」(アサシン)には、ナノカーボン技術と、独自のラミネート技術「S-CORE」を導入 Photo: Masami SATOU

 WIAWIS(ウィアウィス)のスポーツバイクを日本国内で販売する地域資源バンクNIUは、同ブランドに興味のあるユーザー向けに試乗車を宅配レンタルする、業界初の「試乗車宅配サービス」を展開している。

 ウィアウィスは、競技アーチェリー世界シェア1位のWIN&WIN(ウィンアンドウィン)社のブランドで、卓越したカーボン成型と振動制御の技術をベースに、自転車のカーボンフレームの製造販売に2014年参入。特許取得のS-CORE(エスコア)による高度な振動吸収性が特徴だ。

 これまで試乗会イベントやショップでの試乗は、長時間の試乗が難しく、自分が普段走っているフィールドでないために、比較が難しいというデメリットがあった。ウィアウィスの試乗車宅配サービスでは、数日間自分のフィールドで存分にテストできるほか、返却時に元通り戻せば、ステムやサドルなどの部品交換もできるため、自分のポジションにセッティングして納得いくまで試乗することができる。

「LIBERTY」(リバティー)はASSASSIN同様にナノカーボンとS-CORE技術で極上の乗り心地を実現 Photo: Kenta SAWANO「LIBERTY」(リバティー)はASSASSIN同様にナノカーボンとS-CORE技術で極上の乗り心地を実現 Photo: Kenta SAWANO

 サービスは週末のライドで試すことができる「3泊4日プラン」と、2度の週末でじっくり試せる「10daysプラン」の2コースを設定。返却時の配送料はユーザー負担となる。オプションとして、ユーザー自身のホイールで試乗する「ホイールなし割引」と、サイズ選びで迷っている場合などに2台まとめて借りるとお得な「2台まとめてサイズチェック割引」が用意される。

 試乗車ラインナップはロングライド向けロードバイクの「ASSASSIN」(アサシン)と「LIBERTY」(リバティ)、トラックレーサーの「TXTone」(ティーエックスティー ワン)と「TXT」(ティーエックスティー)の、計4車種が対象。ウィアウィスのサイト上で予約と申し込みが可能だ。

 サービス開始を記念して、試乗車宅配サービスを利用後にウィアウィス・ナノカーボンバイクを購入した先着10人に、試乗料金を全額キャッシュバックするキャンペーンを実施中だ。

※右上のメニューから申し込み

■WIAWIS 試乗車宅配サービス

●プランとオプション(価格はすべて税抜き)
・3泊4日プラン 12,000円
・10daysプラン 15,000円
+ホイールなし割引 -1,000円 ※ホイールはシマノ11sを使用
+2台まとめてサイズチェック割引 -5,000円

●レンタル対応車種
ASSASSIN (S, M, L)
LIBERTY (XXS, XS)
TXTone (S, M)
TXT (S)

※ASSASSINとLIBERTYはペダルが付属しません
※TXToneとTXTはハンドル、ステム、ペダル、ホイールが付属しません

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ウィアウィス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載