「衝突の音がすごかった」と感想中学校でスタントマンが事故再現 恐怖実感し交通ルール順守の重要性学ぶ

  • 一覧

 茨城県土浦市中貫の市立都和中で、スタントマンが交通事故を再現する交通安全教室が行われた。

 都和中の生徒のほか、都和小、都和南小の児童ら約700人が見守る中で行われたのは、事故を再現し恐怖を実感して交通ルールを順守する大切さを学ぶ「スケアード・ストレート」と呼ばれるプログラム。

自転車に乗ったスタントマンが乗用車にはねられる様子を見守る生徒ら =土浦市中貫(篠崎理撮影)自転車に乗ったスタントマンが乗用車にはねられる様子を見守る生徒ら =土浦市中貫(篠崎理撮影)

 自転車に乗ったスタントマンが自動車にはねられるシーンを、生徒らは固唾をのんで見守っていた。都和中3年の清水正人さん(14)は「衝突の音がすごかった。これまで以上に左右や車を確認して自転車を運転したい」と話していた。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載