下島海人選手がJプロツアーチームへコラッジョ川西が来季構想を発表 サイクリング協会設立やキッズチーム発足で地域連携強化

  • 一覧
シーズン報告会であいさつするコラッジョ川西の栂尾大知代表 Photo: A.Matsumotoシーズン報告会であいさつするコラッジョ川西の栂尾大知代表 Photo: A.Matsumoto

 兵庫県川西市を拠点とするロードレースチーム「コラッジョ川西」が11月26日、川西市内で2016年シーズン報告会を開催し、サポーターやスポンサーに今季の活動報告を行った。このなかで栂尾大知チーム代表は来年、新たにキッズチームが発足することを発表。2015年の旗揚げから地域密着と次世代選手の育成を掲げる同チームは、小学生から大学生の年齢までがつながった、本格的なステップアップ式のチームとなる。

 チーム名の「コラッジョ」はイタリア語で「勇気・度胸」の意味で、勇気を持って前身できるチームにしたいという思いが込められている。発足1年目の昨シーズンから、チームから下島将輝選手が那須ブラーゼンでJプロツアー入りを果たすなど、結果を残してきた。

サポーターとの交流や抽選会など、報告会は和やかに行われた Photo: A.Matsumotoサポーターとの交流や抽選会など、報告会は和やかに行われた Photo: A.Matsumoto

 今シーズンはジュニアユースチームが発足。その中から下島選手の弟の海人選手が、来季Jプロツアーチーム入りが内定したことが明らかにされた。また、エリートチームを今季引っ張った田典幸選手が、競輪選手を目指して短距離に専念するため、今季限りでチームを卒業することが発表された。

 競技に取り組むだけでなく、栂尾代表は地元・川西市の議員と連携して、来年春までに「かわにしサイクリング協会」を設立する準備を進めており、栂尾代表は副会長に就任する予定だという。協会ではサイクリングの普及活動や情報発信を行うほか、2017年度中に川西市内でサイクリングイベントの開催を計画。将来は本格公道レースの開催も視野に入れているという。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

コラッジョ川西

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載