堺、大仙公園内 来年4月に着工大阪の自転車博物館が新築移転へ、サイクルステーションも完備

  • 一覧
新築移転することになった「自転車博物館サイクルセンター」の現在の外観(自転車博物館サイクルセンター提供)新築移転することになった「自転車博物館サイクルセンター」の現在の外観(自転車博物館サイクルセンター提供)

 国内唯一の自転車専門博物館「自転車博物館サイクルセンター」(大阪府堺市堺区大仙中町)が、建物の老朽化などから、約700m南東の大仙公園内に新築移転し、展示内容や機能を拡充することになった。

 来年4月に着工、平成30年7月に開館予定。博物館を運営する公益財団法人シマノ・サイクル開発センターの島野容三理事長が11月28日、堺市の竹山修身市長を訪問し伝えた。

 現在の博物館は4年4月にオープン。運営する同センターは自転車部品メーカー「シマノ」(本社・堺市)から100%の寄付を受けている。大仙公園に隣接する市有地にあり、3階建てで、約200年前から現代までの世界の自転車を展示している。

現在の「自転車博物館サイクルセンター」の3階の展示(自転車博物館サイクルセンター提供)現在の「自転車博物館サイクルセンター」の3階の展示(自転車博物館サイクルセンター提供)

 新築移転を担当する建築事務所や市によると、新築する建物は地上2階地下1階建てで、市が無償で土地(堺区百舌鳥夕雲町、東上野芝町)を貸与。現在より約50台多い約300台の自転車を展示する。展示などを行う自転車博物館、自転車利用者のためのシャワー室や休憩室などを備えたサイクルステーションの2棟で構成。地下は2棟がつながり、博物館機能を持たせる。延べ床面積は現在の約1350平方メートルから約3200平方メートルになる。

 島野理事長は竹山市長に「『世界の自転車の聖地』として多くの人が利用できる施設にする」と説明。竹山市長は面談後、報道陣に「百舌鳥(もず)・古市古墳群の世界文化遺産登録も目指しており、国内外の人にアピールしたい」と話した。

産経新聞・大阪版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

シマノ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載