副市長と会談與那嶺恵理が故郷の大阪・堺市役所を訪問 女子の国際レース開催をアピール

  • 一覧
堺市役所を表敬訪問した與那嶺恵理(左)。狭間惠三子副市長と会談した (提供写真)堺市役所を表敬訪問した與那嶺恵理(左)。狭間惠三子副市長と会談した (提供写真)

 リオデジャネイロ五輪に日本代表として出場した全日本女子ロードレースチャンピオン、與那嶺恵理(ポワトゥー-シャラント・フュチュロスコープ・86)が11月25日、故郷である大阪府堺市役所を表敬訪問した。與那嶺は狭間惠三子副市長と会談。話題は五輪の報告から地元堺市の自転車政策にまで及んだ。

 與那嶺は堺市でも開催される日本最大の国際ステージレース、ツアー・オブ・ジャパンに女子カテゴリーがないことを指摘。2020年東京五輪出場に向けて、国内で五輪出場枠のためのポイントを獲得できるよう、女子の国際レース開催の重要性をアピールした。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2020東京五輪 與那嶺恵理

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載