白い息を吐きながら“記念リレー”茨城に全長81kmの「つくば霞ケ浦りんりんロード」開通 日本一長い県道コース

  • 一覧

 筑波山の麓や霞ケ浦の沿岸を走り、全長が約81kmに及ぶ茨城県のサイクリングロード「つくば霞ケ浦りんりんロード」が開通し11月25日、沿線自治体の職員がたすきをつなぐ“記念リレー”が開催された。県によると、都道府県道のサイクリングロードとしては日本一の長さという。市町村管理の区間を含めると全長約180kmになる。

サイクリングロードの開通を記念するリレーで、茨城県桜川市のJR岩瀬駅前を出発する市職員ら=11月25日(共同通信)サイクリングロードの開通を記念するリレーで、茨城県桜川市のJR岩瀬駅前を出発する市職員ら=11月25日(共同通信)

 旧筑波鉄道の線路跡を舗装した「つくばりんりんロード」と霞ケ浦北岸の「霞ケ浦自転車道」をつなぐ土浦市内の区間(約1.5km)を9月末までに整備し、桜川市と潮来市を結ぶ長大なコースが完成した。

サイクリングロードの開通記念リレーの前に出発式を行う茨城県桜川市職員ら=11月25日午前、桜川市(共同通信)サイクリングロードの開通記念リレーの前に出発式を行う茨城県桜川市職員ら=11月25日午前、桜川市(共同通信)

 この日、桜川市では午前8時50分ごろ、雪が残るJR岩瀬駅前から、県と市の職員計7人が白い息を吐きながら、潮来市との中間地点の土浦市方面に向かった。

 県道部分は全体を通して平坦で舗装されているため、サイクリング初心者でも楽しめる。県地域計画課の前田優課長は「春の桜や秋の筑波山がきれい。気候もよくお勧めです」と話す。(共同通信)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクリングロード りんりんロード

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載