経済新聞の記者や有名ブロガーなど「しまなみ」の魅力をシンガポールへ メディア関係者招き、観光地ツアー

  • 一覧
来島大橋を取材するシンガポールのメディア関係者ら =愛媛県今治市(新山隆朝撮影)来島大橋を取材するシンガポールのメディア関係者ら =愛媛県今治市(新山隆朝撮影)

 「しまなみ海道」など瀬戸内の魅力を海外に発信してもらおうと、愛媛県は四国運輸局、広島県、徳島県と連携し、シンガポールのメディア関係者6人を招き、観光地の見学ツアーを行った。

 ツアーは3泊4日の行程で、11月15日は厳島神社のある宮島などを見学。16日は広島市の平和記念公園を訪れた後、しまなみ海道でサイクリングなどを体験した。

 シンガポールの経済新聞「ストレーツ・タイムズ社」のジェシカ・リョウ記者は「橋をサイクリングしたのは初めて。景色が美しく、リラックスできた」。

 シンガポールで最も有名なブロガーとされるウェンディー・チェンさんは「北海道や東京、大阪が人気だが、(中・四国は)表に出ていないので興味深い」。ウェンディーさんは写真を早速アップロード。約7千人から「いいね」の反応があったという。

 一行は松山城や道後温泉も見学。この後、徳島県三好市の「祖谷のかずら橋」、同鳴門市の「鳴門の渦潮」などを巡った。

 シンガポールでは、新たな旅行商品として、富裕層向けに中・四国地方のレンタカー周遊ツアーなどが企画されているという。

産経新聞・四国版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

しまなみ海道

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載