種目改定後初のナショナルレース全日本選手権オムニアム 梶原悠未と小林泰正が2連覇

  • 一覧

 トラック競技複合種目「オムニアム」の日本チャンピオンを決める「2016全日本自転車競技選手権大会オムニアム」が、11月19日(土)~20日(日)の2日間にわたり、静岡県伊豆市の伊豆ベロドロームで開催された。オムニアムの種目改定後、国内では初となるナショナルレベルの大会で、女子エリートは梶原悠未(筑波大学)が4種目全てを制し、圧勝。男子エリートは小林泰正(日本体育大学)が松本憲斗(鹿屋体育大学)との接戦を制し、ともに2連覇を達成した。

圧倒的な強さで2連覇を果たした梶原悠未(左) ©JCF圧倒的な強さで2連覇を果たした梶原悠未(左) ©JCF

レースとしての観戦しやすさを再考

 これまでオムニアムの種目は6種目で構成されていたが、リオデジャネイロ五輪開催後に国際自転車競技連合(UCI)が次回の五輪開催に向けて同種目の見直しを実施。トラック競技のレースとしての観戦しやすさや主催者側の負担などを再考した結果、種目数を4種目に削減し、さらに従来のスクラッチ、エリミネーション、ポイントレースに加え、「テンポレース」という種目を新たに追加する形で再構築した。

 テンポレース(男子10km、女子は7.5km)は、毎周回先頭通過選手に1ポイントを与えて最終的な獲得ポイントを争う競技。個人追い抜き、タイムトライアル、フライングラップの短距離系3種目がなくなり、実質、中長距離のレースに重きが置かれた格好で、世界レベルの大会では11月初旬に行われたUCIトラックワールドカップ以降適用されている。

梶原「新ルールに手応え」

優勝した梶原悠未(中央)、2位の鈴木奈央(左)、3位の上野みなみ(右) Photo: Kyoko GOTO優勝した梶原悠未(中央)、2位の鈴木奈央(左)、3位の上野みなみ(右) Photo: Kyoko GOTO

 女子エリートは梶原が全種目を制し、圧倒的な強さを見せつける展開となった。初導入となったテンポレースでは、レース中盤から上野みなみ(シエルブルー鹿屋)と一騎打ちの様相を呈したが、結果的に梶原がラップ30周中11周をトップで通過し、2位の上野の7周を引き離した。その後続いたエリミネーションでも順位を落とした上野に対し、梶原は安定した走りを見せ、最後のポイントレースで2位の鈴木奈央(JPCU静岡)、3位の上野と30ポイント以上の差をつけて優勝した。

 今回の結果について梶原は「日本代表としてワールドカップで新ルールを走らせてもらえたので、日本のトップを決める大会ではしっかり走りたいと思っていた。優勝できてうれしい」と述べ、種目の改定については「自分自身手応えを感じている。この種目で、東京五輪で必ずメダルをとりたいという思いが強くなった」とコメントした。

男子エリートを制した小林泰正 ©JCF男子エリートを制した小林泰正 ©JCF

 一方、男子エリートでは、テンポレースで上位5選手が先頭周回4~5周をとりあうという激しい展開に。同じ獲得ポイントで並んだ小林・松本両選手のトップ争いがポイントレースまで続き、最終的に3ポイント差を争う接戦を制した小林が、優勝を果たした。

 エリートBは、徳田匠(鹿屋体育大学)が136ポイントを獲得して優勝。続く2位は高橋優斗(中央大学)、3位は草場啓吾(日本大学)という結果だった。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

トラックレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載