土井雪広が「チームUKYO」へ移籍 片山監督「ずっと“ラブコール”を送り続けてきた」

  • 一覧
新チームでの抱負を語る土井雪広新チームでの抱負を語る土井雪広

 ロードレース現日本チャンピオンの土井雪広が来季、「TeamUKYO」へ移籍することが11月3日、サイクルモード2012のステージで発表された。土井は今季所属したアルゴス・シマノを離脱することが決まり、移籍先が注目されていた。
土井雪広がアルゴス・シマノを離脱


発表の舞台には、TeamUKYO監督で元F1レーサーの片山右京さん、同チームのテクニカル・アドバイザーを務める今中大介さんも登壇。片山監督は「ずっと“ラブコール”を送り続けてきた」と土井選手のチーム加入を歓迎した。

 TeamUKYOは、今年からロードレースの国内トップカテゴリー「Jプロツアー」に参戦。年間のチームランキングで4位となるなど健闘してきたが、先月、宇都宮で行なわれたジャパンカップには出場資格がなかった。

土井雪広のTeamUKYO移籍を発表する(左から)絹代さん、土井選手、片山右京監督、チームのテクニカルアドバイザーを務める今中大介さん土井雪広のTeamUKYO移籍を発表する(左から)絹代さん、土井選手、片山右京監督、チームのテクニカルアドバイザーを務める今中大介さん

 片山監督は今季について「レースの仕方がわからずに悔しい思いをした」と振り返りつつも、「2013年は、そういったことがないよう絶対的なエースを迎えた。今後、国内はもちろん、アジア・ヨーロッパも視野に入れて活動していく」と展望を語った。

 スペインのステージレース「ブエルタ・ア・エスパーニャ」で2年連続完走し、チーム内で大きな役割を果たした土井の実力について、今中さんは「踏んづけられても這い上がるくらいの気持ちがないとできないこと」と評価。土井自身は、「8年間ヨーロッパで経験してきたノウハウを生かし、片山監督や今中さんと力を合わせながら、日本の自転車界を盛り上げていきたい」と意欲的に語った。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

Jプロツアー サイクルモード2012

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載