CYCLE MODE 2012パナソニックは堅実に進化 サイクルモードではチタン製ロード&電動スポーツに注目

  • 一覧

 パナソニックはサイクルモード2012で、伝統のPOS(パナソニック・オーダーシステム)を中心に、オリジナリティが高いチタンフレームの電動スポーツ車&ロードバイク、それにトラディショナルなクロモリロードをアピールしている。

 電動スポーツでは、POSモデルの「チタンフラットロードEB」をアピール。軽量なチタンフレームにより、バッテリー等の重い部品が付加されたにもかかわらず15.9kg(最軽量モデル)を実現している。オーダーによってフレームサイズやカラーを選ぶことができるのも特長。価格は68万円からで、フラッグシップにふさわしい仕様となっている。

 ■「チタンフラットロードEB」の詳細記事

 クロモリロードは、かつてヨーロッパのプロレースを走ったバイクの性能やデザインを継承。また、チタンロードはパナソニックのスポーツ車全体のイメージリーダーとなっており、2013年モデルはシマノの電動コンポ「Di2」に対応する仕様が投入される。

 ■パナソニック・クロモリバイクの美しさに酔いしれる…

チタン・ロードのハイエンド、FRT06(Version H Di2タイプ)。9000系デュラエースDi2が装着されていたチタン・ロードのハイエンド、FRT06(Version H Di2タイプ)。9000系デュラエースDi2が装着されていた
「チタンフラットロード」の展示車両。フレームの鈍い輝きが魅惑的だ「チタンフラットロード」の展示車両。フレームの鈍い輝きが魅惑的だ
パナソニックのクロモリ・ロードバイクの特徴的な集合ステー部分パナソニックのクロモリ・ロードバイクの特徴的な集合ステー部分

POS(パナソニック・オーダーシステム)ホームページ

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルモード2012 パナソニック・サイクルテック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載