CYCLE MODE 2016グエルチョッティ「エウレカDX50」登場 “剛性が高すぎない”しなやかなエアロロード

by 平澤尚威 / Naoi HIRASAWA
  • 一覧

 千葉・幕張メッセで11月4~6日に開かれた「サイクルモード」のミズタニ自転車ブースでは、イタリアのバイクブランド「グエルチョッティ」の初のエアロロード「EUREKA DX50」(エウレカDX50)がお披露目された。2018年モデルの先行販売として、2017年の3~4月頃に30本限定でフレームセットが発売される。

グエルチョッティのエアロロード「エウレカDX50」とアレッサンドロ・グエルチョッティ社長 Photo: Naoi HIRASAWAグエルチョッティのエアロロード「エウレカDX50」とアレッサンドロ・グエルチョッティ社長 Photo: Naoi HIRASAWA

ミズタニ自転車のブースは「グエルチョッティ」などを展示 Photo: Naoi HIRASAWAミズタニ自転車のブースは「グエルチョッティ」などを展示 Photo: Naoi HIRASAWA

 エアロダイナミクスを高めたフレーム形状のエウレカDX50は、“縦剛性が高すぎない”エアロロードというコンセプトをもとに開発された。高い走行性能と剛性、しなやかさを兼ね備えたバイクに仕上げている。

 エアロロードは剛性が高すぎて振動吸収性が悪くなってしまうことがあるが、エウレカDX50ではフレームの箇所によって6種類のカーボンを使い分けてしなやかさを生み出した。標準的な強度の24HMカーボンをメインに、チューブの接合部やリアエンド部などには、より強度の高い30HMや40HMのカーボン素材を使用している。

 レッドとブルーの2色展開で、価格はフレームセットで26万円(税別)。先行30台の発売後は、2018年モデルとして展開していく。

エアロダイナミクスを高めた「エウレカDX50」のフレーム形状 Photo: Naoi HIRASAWAエアロダイナミクスを高めた「エウレカDX50」のフレーム形状 Photo: Naoi HIRASAWA
UCIプロコンチネンタルチーム「CCC・スプランディ・ポルコヴィチェ」が使用するフラッグシップロード「イクリプス64-14」 Photo: Naoi HIRASAWAUCIプロコンチネンタルチーム「CCC・スプランディ・ポルコヴィチェ」が使用するフラッグシップロード「イクリプス64-14」 Photo: Naoi HIRASAWA

■グエルチョッティ「エウレカDX50」
サイズ:S、M、L
カラー:レッド(DX02)/ ブルー(DX03)
フレーム重量:1,030g 
税抜価格:260,000円(フレームセット)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

20~30万円のロードバイク

20~30万円 グエルチョッティ サイクルモード2016 ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載