約10kmから160kmまで3コース設定和歌山県が来年3月に「サイクリングフェスタ」開催 自転車で観光客誘致

  • 一覧
サイクリングフェスタでも使用される予定のコース =紀の川市(和歌山県提供)サイクリングフェスタでも使用される予定のコース =紀の川市(和歌山県提供)

 サイクリングを通じて県内の豊かな自然を楽しんでもらい観光客誘致にもつなげようと、和歌山県などは来春、「わかやまサイクリングフェスタ2017」を開催する。高野山などをめぐる約160kmの上級者向けから親子連れが楽しめる初心者向けまで計3コースを設定。今月上旬から参加者の募集が始まっており、県地域政策課は「大勢の人に参加してもらい、和歌山の魅力を見つけてほしい」としている。

 サイクリングは健康志向の高まりから近年、全国的に愛好者が増加。県でも、紀の川沿いや県西部の海岸線を走るコースなどをPRしてきた。今後は「サイクリング王国、わかやま。」キャンペーンを展開し、自転車愛好家のための休憩スポット「サイクルステーション」を充実させるなど、サイクリングを活用した観光客誘致に本格的に取り組む考えだ。

 わかやまサイクリングフェスタは、このキャンペーンの第1弾として位置づけ、計3コースを準備した。上級者向けの難関コース「天空の聖地~高野山センチュリーライド」(約160km)は、和歌山市を出発し、高野山や丹生都比売神社(かつらぎ町)などをめぐる。

 「紀の国うまいもん満喫ライド」(約60km)では和歌山ラーメンなど県のグルメを楽しむことができる休憩所を準備。また、サイクリングが初めての子供でも楽しめる「サイクリングデビューわくわくライド」(約10km)では、スタート地点の和歌山市民スポーツ広場から紀の川大橋付近などを往復する。

 来年3月26日開催で、募集期間は1月31日まで。600人の参加を募集しており、費用はコース別で2千~1万円。問い合わせは同課(☎073・441・2371)へ。

産経新聞・和歌山版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載