フロントフォーク破損の恐れトレックが2014、2015年モデルの「Farley」をリコール 無償交換を実施

  • 一覧
リコールが発表されたトレックの「2015 FARLEY 6(日本販売モデル)」 © TREKリコールが発表されたトレックの「2015 FARLEY 6(日本販売モデル)」 © TREK

 トレック・ジャパンは2014、2015年モデルのマウンテンバイク「Farley」の一部モデルに誤った形状のフロントフォークが取り付けられており、現状のまま使用すると、ステアリングコラム部からフロントフォークが破損する恐れがあるため、該当製品のフロントフォークの無償交換(リコール)を行うと発表した。

 対象車種は「2014 Farley」「2014 Farley フレームセット」「2015 Farley 6」「2015 Farley 6 フレームセット」の4モデルで、このうち日本国内で販売されたものは「2015 Farley 6」完成車のみだが、海外で購入した製品にも対応する。

 トレックは対象車種を使用しているユーザーに、ただちに該当バイクの使用を中止し、フォークの交換と安全性の確認がされるまでは、乗車しないように呼びかけている。もしフォークを交換せずに乗車し続け製品が破損した場合、深刻な事故を引き起こす危険性がある。

 フォークの無償交換は全国のトレックの正規販売店にて行い、その際にはユーザーへ協力の謝礼として、交換した店舗で使用可能な1万円分のボントレガークーポンを渡すという。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

リコール

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載