スマートフォン版はこちら

“Z型”がレース会場でも目を引くヴェンタム ワンを実戦インプレ トライアスロンにフォーカスした競技専用バイク

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 “Z型”フレームのトライアスロン用バイク「ヴェンタム ワン」を千葉県・一宮海岸周辺で開催された九十九里トライアスロン(99T)に持ち込み、実戦インプレッションを行った。トライアスリートに最適な性能を擁し、「ランへと繋がるバイクパート」を実現する機能性を堪能した。
◇         ◇

 ヴァンタムはCyclist読者限定で、東京・渋谷区のトライアスロンショップ「アスロニア」でヴェンタム ワンを購入すると、1.4リッターコンフォーマルボトルをもう一つプレゼントするキャンペーンを実施する(詳しくは記事の最後に記載)

“Z型”フレームが独特な走りと、エアロ効果を生む「ヴェンタム ワン」 Photo: Masami SATO“Z型”フレームが独特な走りと、エアロ効果を生む「ヴェンタム ワン」 Photo: Masami SATO

エアロを突き詰めたフレーム形状

空気抵抗の削減を考慮し、ブレーキはフォークに内蔵 Photo: Masami SATO空気抵抗の削減を考慮し、ブレーキはフォークに内蔵 Photo: Masami SATO

 ヴェンタム ワンはトライアスロンの競技に合わせて設計され、今年「アイアンマンハワイ」のオフィシャルバイクとして大会を盛り上げた。国際自転車競技連合(UCI)が定めた規定を守る必要がないトライアスロンバイクは個性的な形状のフレームがしばしば会場で見受けられるが、その中でもヴェンタム ワンは目を引く存在だ。

 ユニークな外観は性能を突き詰めて設計されたものであり、風洞実験で極限まで突き詰めることに成功した結果だ。フレーム内には給水用のタンクが収納され、伸びたチューブからはDHポジションをとりながらも給水することが可能。無駄を省き、スムーズなライディングでバイクパートをこなすことができる。

タンクはフレームと一体型 Photo: Masami SATOタンクはフレームと一体型 Photo: Masami SATO
ヘッドチューブを覆うようにフロントフォークが装着される Photo: Masami SATOヘッドチューブを覆うようにフロントフォークが装着される Photo: Masami SATO

 99Tの当日、トランジションエリアにバイクを置きにいくと、“本気仕様”のタイムトライアルバイクが勢ぞろいしていた。しかし、ヴェンタム ワンは一線を画す異彩を放っていた。レースの序盤は、ヴェンタム ワンに乗れる楽しみだけを考えて苦手なスイムを終えた。

トライアスリートのためのバイク

 バイクパートは見通しの良いフラットな区間をただひたすらに直進をするレイアウト。折り返し地点を除けばコーナーは全くない。ヴェンタム ワンに跨り、スピードを上げていくと「完全にトライアスリートに焦点を絞ったバイクだ」とすぐに感じた。

空気抵抗の少なさを実戦で感じることができた Photo: Masami SATO空気抵抗の少なさを実戦で感じることができた Photo: Masami SATO

 エアロ効果は他のTTバイクに比べて、歴然の差がある。なおかつ、直進安定性に優れ、DHポジションを取りながら前方を走る選手を安全にさばきながら走ることができた。

 姿勢を変えずに水分補給ができることも嬉しい。スイムあがりで喉が極度に乾いていたが、ボトルを手に取ることなく、チューブから水を飲むことができた。電動コンポーネントと相まって、常時DHポジションでバイクパートを終えることができた。

トランジションエリアでも目立つヴェンタム ワン Photo: Masami SATOトランジションエリアでも目立つヴェンタム ワン Photo: Masami SATO
フレームのタンク内から伸びるチューブから給水が可能 Photo: Masami SATOフレームのタンク内から伸びるチューブから給水が可能 Photo: Masami SATO

 特徴的だったのは剛性感で、折り返しのヘアピンコーナー時にフレームの“よじれ”を感じた。しかし、ネガティブなものではなく、ランパートへ向けて脚を残す味付けだろう。アイアンマンハワイのバイクパートは180kmあり、剛性が高く硬いフレームだとその後に控える42.195kmのランで体力がなくなってしまう。

 比較的平坦なコースレイアウトが多いトライアスロンに最適化されているのだろう。実際、99Tのコースで弱点には感じることはなかった。ロードのTTと求められることが違う明確なポイントだ。ヴェンタム ワンはレギュレーションに縛られることなく、エアロ性能と競技に特化した性能を堪能できるトライアスロン専用バイクであった。

プレゼントキャンペーンを実施中

Cyclist読者限定で、アスロニアで購入する場合、1.4リッターコンフォーマルボトルをもう一つプレゼント (提供写真)Cyclist読者限定で、アスロニアで購入する場合、1.4リッターコンフォーマルボトルをもう一つプレゼント (提供写真)

 なお、アスロニアでヴェンタム ワンを購入した読者に1.4リッターコンフォーマルボトルをもう1つプレゼントするキャンペーンを実施する。対象は、購入の際「Cyclistの記事を見た」とアスロニアの店頭で申告した人。プレゼントされるボトルは全8色。予備ボトルやカラーコーディネートの一部として活用することができる。

「ヴェンタム ワン」フレームセット
ヘッドセット:1-1/8″ × 1-1/8″
シートポスト:Ventum エアロDi2ポスト
ブレーキキャリパー:フロント TRP TTV
エアロ・バー:Ventum カーボンインテクグレーテッド・エアロバー
ハイドレーション:Ventum 1.4リッターコンフォーマルボトル
サイズ:46、51、54、56、58
希望小売価格:1,000,000円(税別)

関連記事

この記事のタグ

50万円~ トライアスロン バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載