産経ニュース【衝撃事件の核心】より40万円の愛車が被害に ネットオークション「アラート」機能で執念の“追跡”

  • 一覧

 「ロードバイク」と呼ばれる高級スポーツ自転車を狙った窃盗が東京都内で相次いでいる。自転車の部品を交換し、持ち主にも分からないようにして転売するなど、悪質な手口も横行する。そんな中、盗んだ自転車をネットオークションで販売したとして無職男(53)が窃盗容疑で逮捕された。男を追い詰めたのは、被害男性の執念の“追跡”だった。(産経新聞東京社会部・緒方優子)

ワイヤ錠を付けていたのに…

core_1

 「事件」は、昨年3月にさかのぼる。

 埼玉県在住の30代の会社員の男性はその日、自身のロードバイクで東京・池袋のスポーツサイクル専門店へ。店の前の立ち木に自転車をワイヤ錠でくくりつけ、20分ほど店内を見て戻ると、そこにあったはずの自転車が錠ごと忽然と姿を消していた。

 盗まれたロードバイクは「EDDY MERCKX(エディ・メルクス)EFX-I」。ベルギーの人気ロードレーサーの名前に由来する人気ブランド品で、男性が1年ほど前、約40万円で購入した逸品だった。

 男性はその日のうちに警視庁池袋署に被害を届け出たが、防犯登録の照会をかけても該当する自転車は見つからない。愛車の行方は分からないまま、時間だけが過ぎていった。

着目したネットオークションの「アラート」

 「犯人が自転車をネットオークションに出すかもしれない」。

 そう思った男性が注目したのが、インターネットオークションの「アラート」という機能だ。商品名などをあらかじめ登録しておけば、一致する商品が出品されると、メールで通知してくれるというもので、「ヤフーオークション」などの大手サイトではIDを登録すれば利用できる。

 男性はこの機能を利用して、盗まれたロードバイクの種類や型番を登録。すると8カ月後、男性のもとに該当する商品の出品を知らせるメールが届いた。

 出品された自転車の写真を見た男性の第六感が働いた。「怪しい」。男性の自転車には、フレームの右側にキズがあった。ところが、投稿されている写真はすべて、左側から撮影されていたのだ。

 男性は自転車を11万7千円で落札。後日、自宅に届いた自転車はほとんどの部品が交換されて別物のようだったが、フレームの右側に残る確かな“証拠”を男性は見逃さなかった。

盗んだ後に自転車を半年間放置

 男性から再び相談を受けた池袋署は、オークション出品者の登録情報などから、“犯人”を特定。窃盗容疑で、東京都北区の無職、前田勉容疑者(53)を逮捕した。

 同署の調べに対し、「盗んだロードバイクで走ると気持ちよかった。自由になるカネが欲しかった」などと話し、容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、前田容疑者の手口はこうだ。

 あの日、男性が自転車から離れているわずかな時間に、特殊な工具を使ってワイヤ錠を切断。そのままロードバイクに乗って疾走し、自宅近くの駐輪場へ向かった。

 そこに自転車を放置すること約半年。捜査の手が及ぶのを警戒してか、ほとぼりが冷めるのを待っていたかのように自転車を自宅アパートへ持ち帰り、室内の「作業場」でせっせと部品を交換。別物のように仕立て上げてオークションに出品したというわけだ。

 前田容疑者の部屋からは、自転車のサドルやペダルなどの部品約50点が見つかり、別の自転車を宅配便で郵送した記録も残っていた。

 男性の執念と警察の捜査で明るみに出た男の“錬金術”。池袋署は他にも同様被害がある可能性も含め、慎重に捜査を進めている。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

事故・事件 防犯

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載