CYCLE MODE 201616gのドライブレコーダー、スマホ対応U字ロック…「デジタル」でみる自転車の近未来

  • 一覧

 千葉市の幕張メッセで11月4日から11月6日まで開かれた「サイクルモードインターナショナル2016」で、「RAKUNEW」(ラクニュー)がプロデュースするデジタルギア/セキュリティコーナーはシンプルな展示ながら個性的なアイテムが並んだ。自転車向けのハンドル周りに取り付けるドライブレコーダーや、Apple Watchとの互換性のあるのU字ロックなど、気になるアイテムの展示が注目を集めていた。(Text/Photo: 齋藤むつみ)

サイクルモード2016のデジタルギア/セキュリティコーナー Photo: Mutsumi Saitoサイクルモード2016のデジタルギア/セキュリティコーナー Photo: Mutsumi Saito

わずか16gの自転車用ドライブレコーダー

コンパクトサイズのドライブレコーダー「Magconn Bike Black Box MA-VS」(マグコン バイクブラックボックス MA-VS) Photo: Mutsumi Saito コンパクトサイズのドライブレコーダー「Magconn Bike Black Box MA-VS」(マグコン バイクブラックボックス MA-VS) Photo: Mutsumi Saito 

 「Magconn Bike Black Box MA-VS」(マグコン バイクブラックボックス MA-VS)は、本体重量16gと、かなり小さなドライブレコーダー。専用マウントにマグネットでペタッと装着し、通電したら5秒後から自動撮影が始まり、5分単位で動画データを保存する。最大2時間の動画撮影ができ、バッテリー残量が少なくなるとLEDライトが点滅して知らせてくれる。画素数はVGA(640×480)、 30フレーム/秒で、内臓のmicroSD16Gに記録する。Androidスマホ専用アプリで動画の確認やSNSにアップも可能。アイデア次第で小さなアクションカムとしても使用できそうだ。価格は9,720円(税込)。

 「RIDEYE Black Box Camera」(リディ ブラックボックスカメラ)は衝突判定センサー機能付きの高解像フルHD、1080Pの自転車用ドライブレコーダー。本体上のボタン一つで操作できる。価格は3万890円(税込)。

 ハンドル周りはスッキリさせたい人には、1080pのHDカメラと400ルーメンの前灯の一体型「Fly12」という商品も展示されていた。カメラのみ使用のバッテリー動作時間は約10時間、カメラとライトを併用の場合は、約6時間程度とのこと。走行風景を録画、保存やSNSでの共有という楽しみ方のほか、ドライブレコーダーとしての役割も果たしてくれそうな、自転車用デジタルガジェットだ。価格は5万2090円(税込)。

「RIDEYE Black Box Camera」(リディ ブラックボックスカメラ) Photo: Mutsumi Saito「RIDEYE Black Box Camera」(リディ ブラックボックスカメラ) Photo: Mutsumi Saito
「Fly12」(フライ12) Photo: Mutsumi Saito「Fly12」(フライ12) Photo: Mutsumi Saito

スマホアプリで解錠できるU字ロック

 カギがいらないU字ロック「Nokē U-Lock」(ノーキー Uロック)は、スマホのBluetooth Smart接続とノーキーのアプリ(iOS、Android、Windows Phone)で、ボタン1つでロックを解除できる。他社との共有設定も可能な点や、Apple Watchやその他のスマートウォッチとの互換性など、そのスマートさが画期的な自転車用のU字ロックだ。ボタンの一押しで、アクティブに持ち主のスマホや共有者のスマホをサーチするので、スマホをバッグから取り出す必要もない。また、ムリに外そうとするとアラームが鳴る機能もある。価格は1万9590円(税込)。

 キーレス自転車ロックなら「BitLock」も展示されている。スマホのアプリでロックとアンロックを操作する、価格は1万9390円(税込)だ。

「Nokē U-Lock」(ノーキー Uロック) Photo: Mutsumi Saito「Nokē U-Lock」(ノーキー Uロック) Photo: Mutsumi Saito
「BitLock」 Photo: Mutsumi Saito「BitLock」 Photo: Mutsumi Saito

 海外の話題のガジェットや、日本国内で入手しにくいガジェットを取り揃える「RAKUNEW」(ラクニュー)は、サイトの特性上、為替による価格の見直しや、在庫量や輸入の都合で発送に時間がかかる場合もあるそうだが、そのほかにも自転車向けの珍しい商品が紹介されているのでチェックしてみると良いだろう。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルモード2016

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載