マイヨロホ仕様が展示キャニオンの「INFLITE AL 9.0」をインプレッション 試乗ブースも盛況

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ドイツのバイクブランド「キャニオン」が、千葉・幕張メッセで11月4日から6日まで開催した「サイクルモード・インターナショナル2016」に出展し、ナイロアレクサンデル・ キンタナ(コロンビア、モビスター チーム)がブエルタ・ア・エスパーニャに用意したバイクや、新モデルを展示した。会場外ではシクロクロスコースが用意されており、シクロクロスバイク「INFLITE AL 9.0」のインプレッションを行った。

シクロクロスだけでなく、多用途での活躍が期待できる Photo: Naoi HIRASAWAシクロクロスだけでなく、多用途での活躍が期待できる Photo: Naoi HIRASAWA

バランスが良く万能な装備が魅力

キャニオン「INFLITE AL 9.0」 Photo: Naoi HIRASAWAキャニオン「INFLITE AL 9.0」 Photo: Naoi HIRASAWA

 インプレッションを行ったINFLITE AL 9.0はコンパクトなフロントチェーンリングやブロックタイヤが標準で装備されたシクロクロスバイクだ。また、アルミフレームながら、シートポストはキャニオンオリジナルの「VCL2.0」を装備しており、振動吸収性に優れた乗り心地を実現する。油圧ブレーキを採用し、軽いレバーの引きで十分な制動力を発揮してくれる。

インプレッションを行ったのはサイクルモードと併設して行われた「弱虫ペダル スターライトシクロクロスinサイクルモード」のコースの一部。草地が中心で、アップダウンやシケイン、丘がバランス良く組み合わされたレイアウトだ。コンディションは完全なドライだったので、シクロクロスビギナーの記者でもINFLITE AL 9.0の性能を楽しむことができた。

しなりで振動を緩和するシートポスト「VCL2.0」を装備 Photo: Naoi HIRASAWAしなりで振動を緩和するシートポスト「VCL2.0」を装備 Photo: Naoi HIRASAWA
フロントギアはシクロクロスに適した46×36T Photo: Shusaku MATSUOフロントギアはシクロクロスに適した46×36T Photo: Shusaku MATSUO
担ぎやすさも重要なポイント Photo: Naoi HIRASAWA担ぎやすさも重要なポイント Photo: Naoi HIRASAWA

 アスファルトで乗ってみると、ロードバイクと比較しても違和感なくライドができる。車体バランスの良さもありクセがない。ディスクブレーキのメリットを生かし、通勤通学などの用途に使ってもフィットするだろうと感じた。いざコースに入ると、ハンドリングに不安を感じさせず、ビギナーでも楽しみながら操る余裕を感じさせた。

 急坂や丘で対応するワイドなギア選択が嬉しい。フロントチェーンリングが2枚で、46×36Tと選べる幅が広いので、どのコースにもマッチするだろう。ペダルにトルクをかけ続けられたので、ドライながらリアタイヤの空転は経験しなかった。シケインの後にバイクへ飛び乗る際、振動吸収性に優れたシートポストがしっかりとショックを吸収してくれたのが嬉しい。

バランスが良く、急坂でも姿勢を崩さない Photo: Naoi HIRASAWAバランスが良く、急坂でも姿勢を崩さない Photo: Naoi HIRASAWA

 INFLITE AL 9.0と上位グレードフレームの差はフロントチェーンリングに限っており、基本的な設計、素材は変わらないという。上位グレードはシングルチェーンリングで上級者向きだが、INFLITE AL 9.0の方がビギナーや多目的に使いたいライダーにはうってつけだろう。

マイヨロホ仕様のバイクが展示

 幕張メッセ会場内のブースでは、ロードバイクを中心に展示。注目を集めたのはブエルタ・ア・エスパーニャで個人総合優勝を果たしたキンタナのバイク「ULTIMATE CF SLX」で、マイヨロホカラーの特別カラーで彩られていた。また、チーム カチューシャカラーのULTIMATE CF SLXは油圧ディスクブレーキが搭載された新型で、日本では初のお披露目となった。試乗コーナーでは昨年を上回る数の試乗台数が出たといい、実車を見て、触れることができる機会に来場者が詰めかけ、長蛇の列がつくられていた。

マイヨロホカラーにペイントされたナイロアレクサンデル・ キンタナ(コロンビア、モビスター チーム)仕様の「ULTIMATE CF SLX」 Photo: Shusaku MATSUOマイヨロホカラーにペイントされたナイロアレクサンデル・ キンタナ(コロンビア、モビスター チーム)仕様の「ULTIMATE CF SLX」 Photo: Shusaku MATSUO
キャニオンスラム レーシングチームカラーの「ULTIMATE CF SL」 Photo: Shusaku MATSUOキャニオンスラム レーシングチームカラーの「ULTIMATE CF SL」 Photo: Shusaku MATSUO
幕張メッセ内のキャニオンブース Photo: Shusaku MATSUO幕張メッセ内のキャニオンブース Photo: Shusaku MATSUO

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

キャニオン(Canyon)のロードバイク

キャニオン ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載