CYCLE MODE 2016減速を感知し自動でハイ点灯するリアライト キャットアイ「ラピッドエックス2 キネティック」

  • 一覧

 千葉・幕張で11月4日から6日まで開催している「サイクルモード・インターナショナル2016」で、自転車アクセサリーブランドのキャットアイが減速を感知すると自動的にモードがハイ点灯に切り替わる「キネティックモード」を搭載したリアライト「RAPID X2 KINETIC」(ラピッドエックス2 キネティック)を展示し、注目を集めている。

キャットアイの新商品「ラピッドエックス2 キネティック」 Photo: Kyoko GOTOキャットアイの新商品「ラピッドエックス2 キネティック」 Photo: Kyoko GOTO

後方に停止を強くアピール

 新たに搭載された「キネティックモード」は、減速すると自動車のブレーキランプのように自動的にハイモード(50ルーメン)で約2.5秒間発光し、後方にブレーキを掛けたことをアピールする。一定の点灯モード(点灯、点滅、ラピッドのいずれかのモード)から異なる点灯に切り替わることで後続車両の注意を引き付け、接触のリスクを避けることができる。

端に見えるのが内臓された加速度センター Photo: Kyoko GOTO端に見えるのが内臓された加速度センター Photo: Kyoko GOTO
50ルーメンで約2.5秒点滅するキネティックモード Photo: Kyoko GOTO50ルーメンで約2.5秒点滅するキネティックモード Photo: Kyoko GOTO
ブースでも注目を集めていた Photo: Kyoko GOTOブースでも注目を集めていた Photo: Kyoko GOTO

 また、減速時に自動的に後方のサイクリストに停止の意思を伝えられるため、ハンドサインを出しにくい場合や、ハンドサインに不慣れなビギナーのサイクリストにとっても心強いアイテムだ。加速度センサーの感度を確保するため、取り付け位置はサドル下を推奨している。

 電池残量が少なくなると発光パターンが点滅に切り替わるバッテリーオートセーブ機能を搭載。USBによる充電式ライトで、標準充電時間は約2時間。ラピットモードで約16時間持続するが、キネティックモードが作動する頻度が多いほど使用時間は短縮する。

RAPID X2 KINETIC
サイズ:74.4 x 30.5 x 32.9mm
重量:32g (本体・電池のみ)
光源:面発光LEDモジュール
使用電池:リチウムイオンポリマー充電池
使用時間:ロー 約5時間、点滅 約30時間、ラピットモード 約16時間
※キネティックモードが働く頻度が多いほど使用時間は短縮
税抜価格:6,000円

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

キャットアイ(CATEYE)のサイクルアクセサリー商品一覧ライト|サイクルアクセサリー商品一覧

キャットアイ サイクルアクセサリー サイクルモード2016 ライト 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載