CYCLE MODE 2016クオータ初のグラベルバイクが登場、スラムの電動コンポも体験できるインターマックスブース

  • 一覧

 千葉市の幕張メッセで11月6日まで行われる「サイクルモードインターナショナル2016」で、インターマックスのブースでは「KUOTA」(クオータ)初のグラベルロードモデル「K-ALL ROAD LFS」(ケーオールロードエルエフエス)を展示している。そのほか、「SRAM RED eTap」(スラム レッド イータップ)の体験展示や「MET」(メット)の新型ヘルメット「RIVALE HES」(リヴァーレHES)など、各ブランドとも最新アイテムをはじめとする見応えのある展示となっている。(Text/Photo: 齋藤むつみ)

2つのカモ柄で登場したグラベルロード

サイクルモード2016のインターマックスブース Photo: Mutsumi Saitoサイクルモード2016のインターマックスブース Photo: Mutsumi Saito
「K-ALL ROAD LFS」(ケーオール ロードエルエフエス) Photo: Mutsumi Saito「K-ALL ROAD LFS」(ケーオール ロードエルエフエス) Photo: Mutsumi Saito

 各ブランドが勢ぞろいしたブースには初日から数多くの来場者が詰めかけ、商品に見入ったり直接スタッフの説明を受けてりした。ブースの中央に位置する「KUOTA」(クオータ)の2017年モデルは、ハイエンドモデル「KHAN」(カーン)をはじめとする多くのモデルの新色が登場。唯一、ニューモデルとして披露されたのは、迷彩柄をまとった、ブランド初のグラベルロード「K-ALL ROAD LFS」(ケーオールロード エルエフエス)だ。

 カーボンモノコックフレームはクオータらしさを感じる洗練されたデザインが「K-UNO」(クノ)などの上位モデルを連想させ、素性の良さを感じさせる。カラーは2色展開で、ホイールにマヴィックのアクシウムDISCを装備し、ティアグラ仕様と、ソラ仕様の完成車、そしてフレームセットでの販売となる。ティアグラ完成車は27万2千円、ソラ完成車は24万9千円、フレームセットは17万5千円(いずれも税抜き)だ。

トップチューブからチェーンステーの流線的なラインが特徴 Photo: Mutsumi Saitoトップチューブからチェーンステーの流線的なラインが特徴 Photo: Mutsumi Saito
160mmのディスクローターを搭載し、12mmのEスルーアクスルを前後に採用する Photo: Mutsumi Saito160mmのディスクローターを搭載し、12mmのEスルーアクスルを前後に採用する Photo: Mutsumi Saito
「DEDACCIAI STRADA VERTIGINE」(デダチャイストラーダ ヴェルティジーネ) Photo: Mutsumi Saito「DEDACCIAI STRADA VERTIGINE」(デダチャイストラーダ ヴェルティジーネ) Photo: Mutsumi Saito

 「DEDACCIAI STRADA」(デダチャイストラーダ)は、エアロ性能にも自信のあるオールラウンダー「VERTIGINE」(ヴェルティジーネ)が新登場。フレームセットのみの設定で、価格は16万9千円(税抜)だ。

スラムのワイヤレス電動コンポを体験しよう

 2016年7月より取扱を開始した、「SRAM」(スラム)のロード系コンポーネントと、「ZIPP」(ジップ)のホイール製品も展示。スラムは、5年の歳月をかけたワイヤレスコンポーネント「RED eTap」(レッドイータップ)を実際に触って試すことができる。他社の電動コンポーネントとは異なる左右のレバー操作でのリア変速や、長押しでの多段変速動作など、操作性をチェックしてみると良いだろう。

来場者は次々とスラムのワイヤレス電動コンポーネントのタッチ感を試す Photo: Mutsumi Saito来場者は次々とスラムのワイヤレス電動コンポーネントのタッチ感を試す Photo: Mutsumi Saito
硬派なレーシングホイール「ZIPP」がカラフルに Photo: Mutsumi Saito硬派なレーシングホイール「ZIPP」がカラフルに Photo: Mutsumi Saito

上位モデルに見紛う新型ヘルメット

 トッププロも使用するイタリアのヘルメットブランド「MET」(メット)からは、上位モデルのデザインコンセプトを受け継ぐ「STRALE」(ストラーレ)が登場。優れたクーリング性能とエアロ性能、軽量化にも貢献するコンパクトなシェルデザインが、人気を博しそうだ。カラーは7色、価格は1万1900円(税抜)と手頃だ。

「MET」(メット)の新型モデル「STRALE」(ストラーレ) Photo: Mutsumi Saito「MET」(メット)の新型モデル「STRALE」(ストラーレ) Photo: Mutsumi Saito
「MET」(メット)のラインナップがずらりと並ぶ Photo: Mutsumi Saito「MET」(メット)のラインナップがずらりと並ぶ Photo: Mutsumi Saito
フィット感と快適さを重要視した「STRALE」(ストラーレ)の内側 Photo: Mutsumi Saitoフィット感と快適さを重要視した「STRALE」(ストラーレ)の内側 Photo: Mutsumi Saito
ラインナップでは最も優れたクーリング性能を誇る「STRALE」(ストラーレ)のリヤビュー 。Photo: Mutsumi Saitoラインナップでは最も優れたクーリング性能を誇る「STRALE」(ストラーレ)のリヤビュー<br />。Photo: Mutsumi Saito

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

インターマックス クオータ サイクルモード2016 スラム メット

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載