CYCLE MODE 2016トライスポーツがワールドツアー初参戦予定の英国バイクブランド「ファクター」を展示

  • 一覧

 11月4日から幕張メッセで始まったサイクルモードの「トライスポーツ」ブースでは、新しく取り扱いを開始したイギリスのバイクブランド「FACTOR」(ファクター)を展示紹介している。また、南アフリカのケミカルブランド「squirt」(スクワート)、「edco」(エドコ)の新しいペダルなどの製品も見どころの一つだ。

「FACTOR ONE」(ファクター ワン) Photo: Mutsumi Saito「FACTOR ONE」(ファクター ワン) Photo: Mutsumi Saito

来季AG2Rラモンディアルが使用

 「FACTOR」(ファクター)はAG2R(アージェードゥーゼール)ラモンディアルとの契約が既に発表されており、2017年にはワールドツアーへ初参戦する。「ONE」はダウンチューブに大きくスリットが入るという一見奇抜なフレームデザインながらも、UCIの規格に適合。大きく空いたTwinVaneダウンチューブは、F1などのレーシングカーの空気力学からインスパイアされ、フレームから抜けて脚に当たっていた空気をフレームを通して後ろに抜くことで、大きなエアロ効果を実現しているという。

 このほかにもステム一体型ハンドルの採用など、エアロダイナミクスを徹底追及した設計となっている。また、「ONE-S」はヘッドチューブとハンドル、ステムをノーマルにした兄弟車種だ。

 オールラウンドなレーシングバイクとしては「O2」があり、ロマン・バルデなど、AG2Rラモンディアルの中でもこちらを好んでいる選手もいるという。

「FACTOR ONE」(ファクター ワン) のターコイズカラー Photo: Mutsumi Saito「FACTOR ONE」(ファクター ワン) のターコイズカラー Photo: Mutsumi Saito
Twin Vaneダウンチューブを採用 Photo: Mutsumi SaitoTwin Vaneダウンチューブを採用 Photo: Mutsumi Saito
「FACTOR ONE-S」(ファクター ワンエス) Photo: Mutsumi Saito「FACTOR ONE-S」(ファクター ワンエス) Photo: Mutsumi Saito
「FACTOR O2」(ファクター O2) Photo: Mutsumi Saito「FACTOR O2」(ファクター O2) Photo: Mutsumi Saito

意欲的なアフターパーツ

「CERAMICSPEED」(セラミックスピード)のオーバーサイズプーリー、オリジナルBBキット、UFOチェーンを体感できる Photo: Mutsumi Saito「CERAMICSPEED」(セラミックスピード)のオーバーサイズプーリー、オリジナルBBキット、UFOチェーンを体感できる Photo: Mutsumi Saito

 「CERAMICSPEED」(セラミックスピード)の展示では、シマノのコンポーネントを使用したベースと、プーリー、BBキット、チェーンの3つの商品を使用した駆動の違いを、手でクランクを回転させて体感できる。実際に触らせてもらうとすぐに軽くなっているのを容易に手に感じ取れる。どのパーツもその軽いスムーズな駆動に寄与しているそうだが、実際にペダルを漕いだ場合にも、とくにビッグプーリーやBBは違いを体感できるそうだ。

 「edco」(エドコ)からは新発想のロードバイク用ペダル、「3AXペダル」が登場。ペダルの角度が脚の動きによって変わる機構を備え、最大4度の幅でスウィングするように立体的に動く。横方向だけでなく、足首の角度が変わるので、ひざや足首の負担を軽減するという。価格は3万4800円で、クリートはルックと互換性がある。

足が横に揺れるようになっているので、膝、足首に負担の少ないぺダリングを可能とする Photo: Mutsumi Saito足が横に揺れるようになっているので、膝、足首に負担の少ないぺダリングを可能とする Photo: Mutsumi Saito
フロートと振りで立体的に動く Photo: Mutsumi Saitoフロートと振りで立体的に動く Photo: Mutsumi Saito

ケミカルも充実

 「Spray.Bike」(スプレーバイク)は速乾性の高いフレーム塗装用スプレーで、マット系や蛍光色などの多彩なカラーラインナップが揃う。会場では随時デモンストレーションが行われている。

Photo: Mutsumi SaitoPhoto: Mutsumi Saito
Photo: Mutsumi SaitoPhoto: Mutsumi Saito
「squirt」(スクワート)のドライルブには容量は3タイプある Photo: Mutsumi Saito「squirt」(スクワート)のドライルブには容量は3タイプある Photo: Mutsumi Saito

 「squirt」(スクワート)のチェーンルブは、スラック・ワックスと呼ばれる物質をベースに、ワックスとオイルの両方を含む液状タイプで、過去の海外自転車雑誌の性能テストでは、25種類中、2位であったという回転効率の高さと、埃や砂を拾いにくく汚れに強いのが特徴だ。ロードでは重いギヤを踏んだときの脚あたりが良く、しっとりした感覚だという。価格は、一番小さい15mlサイズが250円、120mlサイズは1400円、500mlの大ボトルは5千円(いずれも税抜き)だ。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルモード2016 トライスポーツ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載