CYCLE MODE 2016新電動デュラエース「R9150」初登場 パワーメーター付きクランクも展示

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 千葉・幕張で11月4日から6日まで開催している「サイクルモード・インターナショナル2016」のシマノブースで、新型ハイエンドロード用コンポーネント「デュラエース」の電動モデル「R9150」が初展示された。パワーメーターを搭載したクランク「FC-R9100-P」も公開されている。レーシングモデルからアーバンコンセプトまで、シマノ製品が一堂に会したブースとなった。

パワーメーターが搭載された「FC-R9100-P」が展示 Photo: Shusaku MATSUOパワーメーターが搭載された「FC-R9100-P」が展示 Photo: Shusaku MATSUO

デュラエースのディスクも

R9100系の電動モデルR9150シリーズのSTI、ディレーラー Photo: Shusaku MATSUOR9100系の電動モデルR9150シリーズのSTI、ディレーラー Photo: Shusaku MATSUO

 展示されたR9150は前後ディレーラーとSTIレバーの3点で、ほぼ製品版に近いものだという。ケースに入っており、触れることはできないが、ワイヤーモデル「R9100」と共通したシャドーデザインが取り入れられていることが確認できる。デュラエースシリーズのホイール「C60」、「C40」も並び、ディスクブレーキ仕様も展示されていた。

新デュラエースが前面に押し出されたブース正面 Photo: Shusaku MATSUO新デュラエースが前面に押し出されたブース正面 Photo: Shusaku MATSUO
シマノホイールが並ぶ Photo: Shusaku MATSUOシマノホイールが並ぶ Photo: Shusaku MATSUO

Boa採用でダイレクト感アップ

新しいハイエンドロード用シューズ「RC9」 Photo: Shusaku MATSUO新しいハイエンドロード用シューズ「RC9」 Photo: Shusaku MATSUO

 ウェアやシューズなどの展示も充実しており、ユーロバイクで発表されたハイエンドロード用シューズ「RC9」がディスプレーされ、鮮やかなカラーリングが並んだ。ブルーの他に蛍光イエローとホワイトがラインナップされる。ボアのクロージャーシステムが2つ搭載され、細やかなフィッティング調整ができるほか、ソールとアッパーが一体構造になっており、よりダイレクトなペダリングを可能にしている。

ライフスタイルに馴染む新しいコンセプト「エクスプローラーシリーズ」 Photo: Shusaku MATSUOライフスタイルに馴染む新しいコンセプト「エクスプローラーシリーズ」 Photo: Shusaku MATSUO

 また、シマノは新たなアーバンスタイルコンセプト「エクスプローラーシリーズ」を発表。レーシーではなく、ライフスタイルに溶け込むウェアやアイテムをラインナップした。同社から発売しているコンポーネント「メトレア」を搭載したバイクとの相性も良く、多くのサイクリストに受け入れられることを目指したデザイン展開となっている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

シマノ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載