Jフェミニンは那須萌美が圧倒鈴木譲が今季のクリテ2勝目、Jプロツアー第22戦「おおいた いこいの道クリテリウム」

  • 一覧

 国内最高峰のロードレースシリーズ、Jプロツアーの今季第22戦となる「第3回JBCFおおいた いこいの道クリテリウム」が10月29日、大分市のいこいの道周辺で行われ、男子トップカテゴリーのP1クラスタで鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)が優勝。今シーズンのクリテリウム2勝目を挙げた。(JBCF 全日本実業団自転車競技連盟)

鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)が12人によるスプリント勝負を制した(提供: 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟)鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)が12人によるスプリント勝負を制した(提供: 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟)

 今年で3年目を迎えた「OITAサイクルフェス!!!」の初日、JR大分駅南側の公園を周回するクリテリウムは1周1.1kmを30周、計33.0kmで戦われた。

 P1クラスタは予選2組上位計70人、さらにオープン参加で大分県出身の黒枝咲哉(鹿屋体育大学)も決勝進出し、71人が出走した。レースは序盤に決まった12人の逃げがメイン集団に50秒のタイム差をつけ逃げ切りに。スプリント勝負は鈴木が向かい風の中を先行し、開幕戦の宇都宮クリテリウムに続いて、今シーズンのクリテリウム2勝目を挙げた。

会場はJR大分駅前。おおいたマルシェなども同時開催された(提供:全日本実業団自転車競技連盟)会場はJR大分駅前。おおいたマルシェなども同時開催された(提供:全日本実業団自転車競技連盟)
1位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)、2位 吉田隼人(マトリックスパワータグ)、3位 下島将輝(那須ブラーゼン)(提供: 全日本実業団自転車競技連盟)1位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)、2位 吉田隼人(マトリックスパワータグ)、3位 下島将輝(那須ブラーゼン)(提供: 全日本実業団自転車競技連盟)

■P1クラスタ結果(33.0km)

1位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)41分59秒
2位 吉田隼人(マトリックスパワータグ)
3位 下島将輝(那須ブラーゼン)
4位 入部正太朗(シマノレーシング)
5位 畑中勇介(チーム右京)
6位 中島康晴(愛三工業レーシングチーム)

■Jプロツアーリーダー
ホセビセンテ・トリビオ(スペイン、マトリックスパワータグ)

■U23リーダー
小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)

Jフェミニンは那須萌美が制す

Fクラスタは那須萌美(チームヤーボー)がスプリントで圧倒(提供: 全日本実業団自転車競技連盟)Fクラスタは那須萌美(チームヤーボー)がスプリントで圧倒(提供: 全日本実業団自転車競技連盟)

 Fクラスタはアタックがかかるも集団のまま速いペースで進み、スプリント勝負を女子競輪志望の那須萌美(チームヤーボー)が圧倒的な力で制した。

■Fクラスタ結果(16.5km)

1位 那須萌美(チームヤーボー)26分23秒
2位 中里友香(VICTOIREしまなみ)
3位 矢野智子(モジュマ エリアゼロナナゴ)+01秒

■Jフェミニンツアーリーダー
唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

JPT2016・レース Jプロツアー Jプロツアー2016 ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載