転倒の恐れ…警察庁が注意喚起電動アシスト自転車の7製品に基準違反 ペダル踏力の最大630倍で補助

  • 一覧
日本タイガー電器の電動アシスト自転車(共同)日本タイガー電器の電動アシスト自転車(共同)

 警察庁は10月27日、電動アシスト自転車の7製品について、ペダルを踏む力を電動モーターが補助する比率が道交法施行規則の基準を上回ったと発表した。道交法では原動機付き自転車となるが、保安基準で定められた方向指示器などを備えておらず、公道は走れない。これまでに販売された4536台は基準違反の恐れがあり、同庁は所有者に使用を控え、製造・販売業者に問い合わせるよう呼び掛けている。

 補助の比率はペダルを踏む力の最大2倍まで認められているが、警察庁の検査では、日本タイガー電器の「Bicycle-452assist」は急な上り坂で時速10kmを出した際、630.76倍と大幅に超えた。

 警察庁の担当者は「急に加速してバランスを崩し、転倒する恐れがある」と話している。

 7製品は2012年夏から今年9月にかけて販売。いずれも中国で作られており、製造過程で誤った部品を取り付けるなどした可能性がある。

産経ニュースより)

関連記事

この記事のタグ

e-BIKE

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載