CYCLE MODE 2012セルビーノカーボンに「TeamUKYO」カラー登場 インターマックス

  • 一覧

 サイクルモード2012でのインターマックスブースは、同社がサポートする国内プロチーム「TeamUKYO」と、同チームで使用されるフラッグシップモデル「SELVINO CARBON」(セルビーノ カーボン)を前面に押し出したものとなっている。

インターマックスブースは、TeamUKYOとセルビーノカーボンを前面に出してきたインターマックスブースは、TeamUKYOとセルビーノカーボンを前面に出してきた

 元F1レーサーの片山右京さんが今年結成したTeamUKYOは、結成1年目ながらJプロツアーでシーズン2勝を挙げ、チームランキングも年間4位と、国内ではシマノやブリヂストンアンカーといった名門チームを上回る結果を残している。来季はさらなる飛躍を目指し、戦力も大きな補強が行われるという。

 そのTeamUKYOで使用されるセルビーノカーボンは、同社代表である今中大介さん好みの高剛性ピュアレーシングモデルだ。低速からの加速、高速からのさらなる加速と、高速巡航性能を実現する。2013年モデルから新色が3色加わり、その中の1色はまさにTeamUKYOカラーだ。

TeamUKYOが使うセルビーノカーボンTeamUKYOが使うセルビーノカーボン。同チームが使うカラーバージョンも市販される
デダチャイストラーダ「ネリッシモ」。レッドパッションのカラー名の通り、イタリアンらしい情熱的な赤色だデダチャイストラーダ「ネリッシモ」。レッドパッションのカラー名の通り、イタリアンらしい情熱的な赤色だ
幅広い支持を集めるクォータ幅広い支持を集めるクォータ

 商社としてのインターマックスが扱う自転車ブランドは、インターマックスとデダチャイストラーダ(Dedacciai STRADA)、クォータ(KUOTA)が3本柱となる。

 ブースで来場者の応対をしていた今中大介さんにオススメを尋ねてみたところ、デダチャイの「NERISSIMO」(ネリッシモ)に案内された。シマノ105完成車で21万8千円とリーズナブルながら、その剛性は非常に高く、今中さんによると「時速45キロからの加速にも耐える」そうだ。こちらも新色が用意され、鮮やかなレッドなどが人気だという。

 クォータは2013年モデルで全体的なアップデートが行われており、どのモデルも“ひとつ上”の仕上がりになっているそうだ。

一日数回トークショーが行われる。初日は今中大介さんと団長安田さん一日数回トークショーが行われる。初日は今中大介さんと団長安田さん

 インターマックスブースではステージも設けられ、期間中は随時トークショーも行われている。2日目以降は、片山右京さん、別府史之選手、土井雪広選手、宇都宮ブリッツェン、棚橋麻衣さん、絹代さんらのゲスト出演が予定されている。

インターマックス

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルモード2012

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載